kiseki

Love is the only majic in the world

他国1970年代にタイムトラベル

 

この前また多次元トラベルをしてきました。

その時の体験をただ、ダラダラと綴ります。

 

1970年代の時代って分かってて「元の時代に帰ったらちゃんと伝えられるように」と思い真剣に観察してきました(笑)

でも教科書とかに載ってる1970年代ではないと思うので、どこかのパラレルワールドだと思います。

 

国は母の母国で日本ではありませんでした。

家の造りは古い昔ながらのもの。

全て平屋で2階建てはなかった。

印象的だったのがトイレは家の1番後ろにあって、でもドアとかはなくて簾のようなもので隠してあるだけだった。


f:id:myan51:20170815123510j:image

自分が服を着ていなかったのか場違いな服を着ていたのか忘れたけど、そこら辺に干してあった今の時代から見るとダサいワンピースをパクって着ました。

 

閉鎖的な村っぽいところで、あまり遠出とかができないところだったので「こんな所つまんない!」と私はその村を出ようとしたら、誰だか知らないけど私の魂の仲間らしい男性が現れた。

その時に予感がしたというか悟ったというか、この村を出たらもう暫くこの仲間の男性には会えないと思ったんですね。

なのでその男性に「また2020年に会おう!」と言った。

そしてその男性のパートナー女性も現れ同じことをいうと、「いや、2727年で!」って言われて「は!長過ぎる!」と思って少し不服ながらも嫌々出てき行った。

(男性には2020年に、女性には2727年にまた会えるらしい)

 

···と思いながらも、この時の私は時間なんて元からないし100年も1000年もあっという間だって分かってたんですね。でも同時に長くも感じました。

 

パラレル世界にいるとき、自分が一回りもニ回りも“凄い人間”になってるんです。

人が、体を透明にしたり透視や瞬間移動できる宇宙人などを見ると“神や天使”って思っちゃうのと同じように(典型的なのは神社の神様)、パラレル世界に行くとできることが大幅に違います。

 

そして村を出ていく時に2727年にまた会えるらしい女性に車で送ってもらったんですが、ここでハイテクなものを目の当たりにします。

 

私はずっと英語で喋ってたんだけど、ちゃんと話すと日本語になっちゃうんですね。でも彼女は日本語が理解できない。

すると車にsiriみたいな人口知能的なのがあって、そのsiriちゃんが私の日本語と彼女の言葉を通訳してくれていました。

しかもちょー頭いいの!

言葉の意味ではなく、その言葉の意図を翻訳してくれる。

 

例えば外国のスーパーで「How are you ?」って言われて翻訳すると「お元気ですか?」って出るけど、この人口知能はきっと「いらっしゃいませ!」って翻訳してくれる。

直訳ではなく、その言葉をツールに何を伝えたいのな?の人の感情や意図の方を翻訳してくれるから、直訳と結構違ったりしたけど、的を射ていて感動した。

 

そんなハイテク技術が進んでいたどこかの1970年代のパラレル世界だったけどまだ戦争みたいなものがあって、一旦村から出たものの、走行中に村が襲われた知らせが入ってUターンして戻った。

 

村にいた人たちも、そして2020年に会おう!と約束した仲間の男性も亡くなったと悟った。

「まだ若いのに!みんな良い人なのに!」

って泣きながら私は村に戻った。

 

私はこの土地が、この土地に生きていた人たちが好きだった。すごく好きだった。…っていう感情が魂レベルで覚えていて感じていて、だから私はこの土地で今世生まれてきたんだと分かった。

 

私は海外で生まれ小学の時には日本に来てる。

生まれた場所を日本でも他の国でもないと計画してきたのは、この場所が好きだったのと、この場所で愛おしい人たちが亡くなった切ない気持ちが残って離れ難かったからだと思い出したというか、分かったというか。


f:id:myan51:20170815123034j:image

ちなみに、車で走ってる途中に上で踊るようにくるくると回りながら舞って飛ぶ“天使”が視えた。

やたらウェストが細くて体は白というか透明というか、お水に浮いてる時の湯葉な感じ(笑)

でも頭ら辺は青い光りを放っていた。

姿は違うけど、私はそれを見て「あ、自分だ」って思った。

そしてこんなふうに多次元の自分同士がお互いをガイドし支え合って見守ってるのが当たり前だもんね、って思った。

 

久しぶりだったけど、やっぱり多次元トラベルは楽しい。

たくさんのことを思い出すし勉強になる。

 

縁とかって、やっぱいいよね。

 

2020年、またあなたに会えるの楽しみにしてるよ。

 

 

相手が寝てる時のテレパシーについて

 

いっそがし〜い、おっぼ〜ん〜♪

 

ブレイクタイムとして久しぶりにブログでも書こうと思います\(^o^)/♡

 

度々コメントを頂くこともあり、人見知りな私はコメントがつく度にドギマギしながら見させて頂いています(笑)ありがとうございます(*^^)

 

その中のコメントの一つに

「質問ですが、ツインとのテレパシーは、相手が眠っている間もできますか?それとも、完全に意識上で交流してますか?」

という質問があったので、あくまで私の世界で経験したことについて書きたいと思います。

 

どの人でも、その人の経験はその人にとって必要な経験であり、必要なことが違えば経験は変わるよ!というのを大前提でお話させて頂きたいと思います。

(だから誰かの言葉や経験を否定することも、そして肯定することも意味はないんだよね)

 

私たちは多次元の存在

「質問ですが、ツインとのテレパシーは、相手が眠っている間もできますか?それとも、完全に意識上で交流してますか?」

私の経験に基づいた答えを先に言うと、どちらもエスなんです。

 

意識上はもちろんできますが、

寝ている時はというと、正直相手が今寝てる状態で話してるのかどうか気にしたことがなかったのでよく分かりません。

というよりも、なんとなく「あ、寝たな」って感覚で分かるのでその時は話かけないし自然と話してません。そして会話している最中に「今寝てるの?起きてるの?」と聞いたことがありません。

 

ただいつかの朝、私がまだ完全に起きていくなくてウトウトしてる時に、「分かりやすく○○について教えて下さってありがとうございます」みたいなことをツイン君の仲間の1人に言われたんです。

この時は確か“出会い”について、寝てる時の私がテレパシーが聞ける人たちに教えていたようです。

でも起きた時の私はその時の会話を覚えてません。

 

何故寝てる時に会話ができるのかというと、私たちは多次元の存在だからです。

もっと正確に言えば、身体と、身体や物質界にフォーカスする自分の一部が寝てるのであって、本当の自分が寝てるわけではないんですね。

 

本当の自分は寝ません。

 

次元を使って例えるなら、起きてる時にできるテレパシーは物質次元同士の会話で、起きてる方が寝てる方と会話してる場合は、物質次元と高次元の会話になります。

 

だから“チャネリング”というのができるんですね。

ほとんどの人たちがするチャネリングの相手はだいたい肉体のないお方たちですよね。

 

起きてる時の私たちは小さな自分しか認識していなくて、むしろ寝てる時の私たちの方が魂そのものなのでより私たちらしい(本当の自分)に戻ります。

知識や記憶も起きてる時より寝てる時の方が多いんです。

 

でも完全に起きてしまうと忘れてしまいます。

大いなる自分を小なる自分が認識できるギリギリのラインが起きる直前とか寝る直前だと認識しています。

 

少し話が脱線&またややこしくなったかもしれませんが、意識上でも寝ていてもテレパシーはできます!

(寝るのは身体であって意識ではないから)

 


f:id:myan51:20170814130238j:image

 

男は女から始まって女は男から始まる

 

前回の記事からのつづき。

 

女性の性器に精子が入って頭のてっぺんまで流れていくビジョンを見てるときに、「この精子はどこからやって来て、どこへ行くの?」って思ったんです。

 

地からやって来て天に昇る、っていう解釈でも良かったんですがなんか腑に落ちなくて。

 

それに答えるように男女の身体のシルエットがお互いを向き合う形で現れました。


f:id:myan51:20170808234304j:image

男の始まりは女

真実のパートナーに出会うまで男性は闇なんだそう。

この真実のパートナーとは自分のことなので、外側の真実のパートナーでもあるし内側の異性のことでもあります。

 

それでその闇を浄化して本来の自分に還るためには自分の真実のパートナーが必要。

 

スタートは下の黒い精子


f:id:myan51:20170808234607j:image

それが女性の身体の第1チャクラから順々に各チャクラを回って、そして男性の第7チャクラ(クラウンチャクラ)から入ってくる。

目に見える物質界的に見ると、それは天からのインスピレーションとか導きとかサポートとかとして現れる。

 

ただこの循環は一回で終わるものじゃなくて、真実の自分(パートナー)に出会うとぐるぐる2人の間で循環していくもので、循環する度に黒い精子は浄化されて、浄化されたその精子が男性を精神的にも物質的にも豊かにする。

男性の精子が女性の身体を通る度に女性のエネルギーが統合され、これまた女性を精神的にも物質的にも豊かにする。

 

そしてこの循環を私たちはこの数年間行ってきたと彼女は言う。(教えてる側のわたし。前回の記事を参照)

 

女性の始まりは、男

女性が本当の意味で女になるのは、これまた同じく真実の自分(パートナー)。

相手の闇精子に身体を貫いてもらい統合されることで戦う女、もしくはか弱い女から、男性性と女性性が統合された“可憐で優雅な芯の強い女”になる。

 

男と女のエネルギーの違い

特に真実のパートナーに出会ってる人たちに強く現れることだけど、男性は自分が放ったエネルギー(行動・思考・意志など)が相手の女性の身体を通してダイレクトで自分に還ってくる。

自分の放つものによって(天から)受け取るものが決まる。

 

女性は受け皿なので男性のエネルギー次第だけど、実は男性のエネルギーを安定させてるのって絵の通り女性の器なんだよね。

だから女性は男性次第のように見えて、実はこれまた男性と違う表現だけど、同じ自分次第

自分の器次第で相手の男性が受け取る天からのサポートは決まるし、そしてそれは自分の地からのサポート(物質界で起こる現象)にも影響する。

 

言いたいこと言えたかな(T_T)

まぁ、いいや。

 

どうぞ感覚でお受け取り下さいませ。

 

おやすみなさい!


f:id:myan51:20170809000759j:image

 

ライオンズゲート

 

今日は8月8日、ライオンズゲートというらしいですね。

 

タイガーズゲートとかマウスズゲートとかじゃダメなんですかね。

いや、なんでもいいんでしょうね。

 

再会に必要なこと

そんな今日の朝方に寝たのですが、寝ると思考も止まり始め、まだ完全には寝てないけど自我はそのまままだある瞬間?ってあるじゃないですか。

 

その時に私は自分の考えや言葉としてツイン君に

「まず私たちは必要なことをやらないといけない」

って言うとビンみたいなのが出てきて、私は1つでツイン君は2つあった。

このビンは“今私たちがやらなきゃいけないこと(再会に必要なこと)”の象徴だった。

それで具体的な内容は、ツイン君のは認識できなかったけど自分の分はちゃんと認識できたし、それは今私が最もワクワクするものであり既に準備しているものだった。


f:id:myan51:20170808143328j:image

 

性=創造のエネルギー

それで次は寝て起きた時の話で、まずは久しぶりに自分のエネルギーをヒーリングして瞑想した。

するとこれまた“自分の言葉”なんだけど、自分の中に自分が2人重なって話してる状態みたいになって、性について教えてる自分それを聞いてる自分がいてこんな会話をしてた。

 

わたし(教えてる側)「性とは創造する力なんだよ。

ただエッチして発散するのはもったいない。

大きな性は大きな創造を産む。」

 

私たちは「性」というと「発散するもの」って考えがちで、エッチやオナニーというツールによって沈静化してる。

 

火=性欲、水=エッチやオナニーって例えると、火に水をかけて火を消すように、エッチやオナニーによって性のエネルギーを消してる。

 

でも性とはあくまで一つのエネルギーの表現で、性は発散させたり・誰かと融合してゼロポイントにまで意識を持ってったり・禁欲とかして性エネルギーを発散(静)に持っていかずに創造(動)に当てることができる。

 

つまり、性エネルギーは使うもの(扱うもの)。

 

私(聞く側)が性について考えていると、女性の身体が出てきて性器に男性の種である精子が入ってくるビジョンが視えた。

するとその精子は子宮で少しかっこいい姿に変わって、なんと頭のてっぺんまで流れた!

 

そして自分の身体の各チャクラに天然石が現れ、第1チャクラと第2は大きなクリスタルとして一つになっていて、第3には小さなサンストーンが。第4には小さくしたムーンストーンの剣を埋め込んでその中に丸いムーンストーンが置かれた。第5にはこの前買ったラリマーと同じ形のラリマーがあって、第6にはアメジスト。そして第7の頭のてっぺんにはとても大きなラピスラズリが。

 

私の場合、“流れていく性質”の強いエネルギーが各チャクラになっているので人に影響されやすいのは仕方ないらしい。それは人に影響を与えやすいということでもあって、その機能を上手く使ってね♪と言われた。

 

だから各チャクラの色やエネルギーには質がある!みたいに言われてることが多いけど(例えば第1チャクラは男性性エネルギーが強くて色で例えると赤、とか)、それは人によってどうやら違うらしい。


f:id:myan51:20170808145648j:image

そして第1チャクラと第2チャクラは内側の男性性と女性性が統合されている場合、勾玉みたいに“2つで1つ!”という状態になる。

 

これは1人の場合で、次はパートナーと性エネルギーが循環する時のビジョンが出てきた。

 

…が、もう仕事なので続きは時間のあるときに。

 

have a nice Day !