読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡

LOVE is the only majic in the world

アストラル界

 

私「分かった!

ここは人間が寝てるときや

死んだ人が最初に来るアストラル界の場所だ!

 

友達「え?どういうこと?」

 

私「みんな私たちと価値観が同じだったり

似てると思わなかった?」

 

友達「じゃどうすればいいの?

(物質界に帰れるの?)」

 

「大丈夫、神はここにいる。

神とは自分自身のことだから。」

 

その一言で長い長〜いアストラル界での生活から

久しぶりに物質界に戻ってきました。

 

I'm home ー\(^o^)/♡

 

なかなか戻らないから

心配になっちゃいましたよ。

 

体感的には2日ですかね?

起きたらたったの数時間しか

経ってませんでしたが(・∀・)…。

 
f:id:myan51:20170327155448j:image

 

アストラル界にも波動の軽い・重い場所があって、

その様々な波動域に行き

肉体を持っている人や死んだ人

霊界にいながら私たちをサポートしてくれている

たくさんの存在と会って話をしてきました。

 

冒頭の会話は、アストラル界でも割りと

重い波動の場所にいるときの友達との会話。

死んだ人とかがパッ!と出てくる場所でした。

また後で詳しく書きます。

 

それでは、アストラル界での様々な体験を

ランダムに紹介していきます♪

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 天使の活動域

自分の姿なのか洋服?なのかが青っぽく光っていて

後ろには透明な羽をつけていて

(透明だけどあるというのが分かる)

上の方からアストラル界全体を

俯瞰して見ていました、飛びながら。

穏やかな感情のまま特に思考することもなく。

 

それで「降りよう」と思うこともなく

当たり前かのように自然な流れで下に降りて

こんな感じのドアを形どった壁を通り抜けた。
f:id:myan51:20170327164222j:image

 

降りると全体的にほぼ透明だった自分の姿が

肉体と変わらないようなハッキリした姿に。

それでその門の向こう側には

たくさんの人が行き交っているのが見えて

そこが“地球アストラル界の一部”の場所らしかった。

 

門をくぐり抜けると同時に、

「あ!そうだった!私は天使だったんだ!」

と、そこで思考するという“作業”が生まれ

自分は天使と呼ばれるような

役割も持っていたことを思い出したのだが、

その門を境に波動が大きく違ったので

「もう(自分が天使だったことを)忘れないように

この感覚を絶対に忘れないようにしよう。

定期的に思い出していこう。」と自分に誓った。

 

天使の活動域はアストラル界というよりも

アストラル界を俯瞰して見られる波動域なので

アストラル界と呼んでいいのか分かりません。

 

天使というと人それぞれの概念で

大きく変わるとは思いますが、

愛と調和で動く存在たちではありますが

基本的に無感情に近いですかね。

 

人の心に寄り添う・同調する

のとは違って、いたって冷静でリアルな存在。

だからその波動域にいるときは

人間ドラマには巻き込まれない。

感覚は、人間よりも風や水に近くて

しよう!と思うこともなく

とても自然な流れであっちこっち動きます。

 

軽いとはこういうこと!

それが天使の在り方でした。


f:id:myan51:20170327170054j:image

 

本当の自分の力

 門をくぐると、ここがアストラル界だと認識し

明晰夢”ではなく故郷に帰ってきたという感覚。

 

本来こっちがリアルな世界で、

いつもいた物質界はちょっとの時間

“出張”している世界というのを思い出しました。

 

いつも皆、故郷には帰ってきてはいるけど

そこが故郷・本来の世界だって忘れてる。

 

この時は体が故郷に帰ってきただけでなく

意識でもちゃんと帰ってきた!って認識できたので

それがものすっごーーーく!嬉しくて!!

建物の3,4階のところから飛び降りたり

「本来こういうの当たり前だったよね!」

という様々なことを遊ぶようにやっていた。

本当に嬉しかったんだ。

 

あ、こっちが本当だった

って思い出すことができて。

その証拠にものすごくワクワクしたの。

 

何かしてるわけじゃないけど、

それを思い出しただけで

本当に本当に楽しかったの。


f:id:myan51:20170327171041j:image

 

✽つづく✽

 

 

発送する時に心がけていること

 

ただいま発送準備中ʕ•ٹ•ʔ♪
f:id:myan51:20170327002832j:image
f:id:myan51:20170327002850j:image

いよいよ、ネックレスは2色の紐で製作した

ローズクォーツのマクラメネックレス

残り1つのみとなりました!
f:id:myan51:20170327003324j:image
f:id:myan51:20170327003337j:image

しばらくマクラメアクセサリー製作を

お休みする最後の作品です。

よろしくお願いします\(^o^)/♡

マクラメアクセサリーのお店 Inspiration

 

マクラメアクセサリー製作を始めて

イベント・直販売が多かったのですが、

この数ヶ月はネットでの販売も多くなり

梱包の楽しさを味わいました。

 

また今度復活するときは、開ける前のわくわく♪

開けた時のかわいい♡が感じられるような

そんな梱包の研究も楽しみたいです。

 

あと最近は、オススメ浄化方法とかを書いた

手書きメッセージを大切にしています。

 

ネットから購入してくれる方の多くは

このブログを見てくれている方が多いんですね。

 

こんな数多くのブログの中から見つけて

更に興味が湧いて毎回見てくれるなんて

よほど縁があると思うんです。

 

でも直接会えるようなサービスではないので、

少しでもネットを超えてより身近に感じられるよう

いろんな工夫を心がけています。

 

例えば向こうから

「コメントとかもしてる○○だよ!」

とか言って貰えてたら、

なるべく私がネット上で呼ぶ

その方の名前で書いたり

 

本当に最近からですが、

梱包中に思いついた

英語の一言メッセージみたいなのも

これから書いていきたいなと思っています。

 

するともちろん、必然的に

1人1人違うメッセージが届くことになります。

 

そういうその人にだけの

オンリー1な“何か”を意識しています。

 

また復活したら、もっと多種類の天然石や

紐の色や紐の太さとかも組み合わせ

更にパワーアップして戻りたいと思います♪



多種宇宙人の展示会

 

いつかの明晰夢

 

うちの家族に新しく部屋というか

家みたいなのが与えられて

引っ越しをしたという夢を見たんです。

 

間取りはこんな感じで

左右の4部屋が私たちのなのですが、

 

真ん中の空間は“公共”の空間で 

いわばシェアハウスみたいな感じでしたね。

部屋はいくつか続いていたけど、

そこは別の家の部屋らしいので。
f:id:myan51:20170326002041j:image

部屋の天井は普通の天井ですが

公共空間の天井はガラスになっていて

太陽の光が差していて綺麗でした。

<イメージ>
f:id:myan51:20170326002433j:image

 

ただ誰かが住んでいたらしく

家具とかが残されていて皆で掃除してたんですが、

ある部屋がめちゃくちゃだったので

“管理人”に聞こうとその場所を出て廊下に行った。
f:id:myan51:20170326002807j:image

管理人を見つけ歩きながら話していたのだが

その廊下は気品があってまるで高級ホテルの廊下。

すると歩いていたらそのまま

ある部屋を通ったのですが、

それが貴族の部屋だったのです。
f:id:myan51:20170326003050j:image

明らかに現代人ではない人たちが、

その部屋でお喋りしていた。
f:id:myan51:20170326003203j:image
f:id:myan51:20170326003224j:image

歩いているだけで多次元を跨いでいるような

不思議なこの空間に

私はもはや管理人の話は聞いていなかった。

 

気づくと東京ビッグサイトのような

(行ったことないけど)

とても大きな展示会場に着き、なんと!

様々な宇宙人が決められた枠内に立っていた。

 

普通展示会って、決められた枠内に

机とかを置いて展示物を起きますよね?

 

ここでは展示物の代わりに

何人か“同じ惑星”からの宇宙人が立っていて

その人たち自体が展示物だったわけです。

 

それがもの凄い大規模で、

展示されている状態の宇宙人も多いし

見ている宇宙人も大変多く

それも多種多様でとても面白い光景でした。

 

それに同じ地球人でも目が青い金髪もいれば

目が茶色の黒髪もいるのと同じように、

同じ惑星でも頭の形や色が違う

宇宙人とかもたくさんいて楽しかったです。

 

見ていませんが、

もちろん“地球人”のコーナーもあるだろうし

それを見て他の宇宙人が

「へー!今うわさの地球の人たちか!

こういう姿なのねーʕ•ٹ•ʔ♪」

なんていう会話とかするんでしょうかね。

 

あまりにも大きな会場なので

会場内には“駅”みたいなのがあって、

どこどこの惑星または年代(次元)を

“展示”している場所に行きたいとき

その駅を使って簡単に行けるようでした。
f:id:myan51:20170326004145j:image

 電車というかカプセルに近かったですね。

 

それで宇宙人同士の交流はもちろん、

寝てる時間を使って地球人もこういう場で

たくさんの宇宙人と交流しているようでした。

 

地球人の場合は交流というよりも、

宇宙人に慣れるための場だそうなのですが。

 

これからの準備といったところです。

 

それである空間に行ったら、

私がかつていたらしい惑星の展示会?に出逢い

そうしたらそのまま私の姿が

今の姿から当時の姿(その惑星の姿)に

結構簡単に戻りました。違和感もなく。

それでそこの宇宙人たちと行動を共にしたので

やはり地球人歴より宇宙人歴のが長いんだなと

実感しましたね。

 

 

ということで、覚えていないだけで

今多くの地球人は実際に地球で

他惑星の存在と会ってもあまり驚かないよう

アストラルレベルから多種多様の宇宙人に

会って交流しているようでした。

 

まぁ誰でも他惑星の過去世持ってるだろうし

潜在意識では宇宙人と交流してるので、

実際に見てもあまり驚かないんでしょうかね。

 

どうでしょうね。笑(テキトー)

 

とにかく私は楽しかったです\(^o^)/♪

 

いやー、最近は平和な内容しか書けない(・∀・)

 

 

自由意志の終焉

 

ある朝、起きてからまだ眠くて

しばらく目を瞑ってたら

バイ・ロケーションのような感覚になった。

 

布団の上にいる自分と、ある空間にいる自分の

両方の感覚を持っている状態。

 

それである空間の私の目の前には

大きなパソコンの画面があって

いろんな多くの人の名前がずらーっと並んでいた。

 

名前の横を見てみたらいろんな項目があって

画像は8項目くらいしかありませんが

実際は20〜30項目くらいありそうでした。

恋愛や生活全般、様々なジャンルに関する

様々な項目がたくさん並んでいた。
f:id:myan51:20170324001650j:image

それでこれを見てるときに、

✓が入ってる項目は自我の自由が効かないもの

(魂の方に決定権が戻ったもの)

という情報が入ってきたというか

私は元々知っていたようでした。

 

たぶん誰でも潜在意識レベルでは

このスーパーコンピューターの存在を

知ってると思います。

 

自我の自由が効かないとは、

例えばどこかに行きたいしやりたいけど

それが魂の目的に沿っていない場合は

自我の力(努力、力づく、頑張り)では

どうもできないという意味です。

 

私のところを見てみると全ての項目に

✓があったのですが、去年の何月かに

「人生を宇宙に引き戻す」と言われていたので

なんの驚きもありませんでした。

 

ただ近日中に仲間との飲み会があるのですが

「このままだと行けない」と思ったので

“イベント”だか“人付き合い”だかの

項目の✓を勝手に外そうとしたんですね。

 

そうしたら男性の声で強く「やめてください」

と言われ、( ゚д゚)ハッとし肉体に戻ってしまった。

 

この前の結婚式も本当は向かっている方向と

逆方向で行けないはずだったんですが、

久しぶりに会いたい人たちがいて

ツイン君やガイドたちにかなり無理を言って

なんとか行けたんですね。

 

代わりに直接関わってはいないけど

しっかり“矛盾”を表す不調和が現実で起きた。

 

仲間との飲み会はこの結婚式の時に

決まったのですが、その日が近づくと

またじわじわと「そっちじゃないよ!」を表す

現象が起き出してきて

残念だなー、と思いつつも

自分もかなり無理をしないと行けないので

断念することにしました。

 

 

<自由意志は分離世界のツール>

そもそも私たちの呼ぶ“自由意志”

というものは本来存在しないんですね。

 

一つの意識だけがあり、

自分の存在が他者の為になっている

みんなで一つという世界は

ピースがピッタリハマる構造で

その動きは自我が決めているのではなく

その一つの意識が全体として動かすんです。

 

でも、義理とか常識とかで

私たちは流れに乗るのではなく

流れを作ることをしがちで、

それが“自由意志”なんです。

 

矛盾や不調和、分離が起きようと、

逆にそれらから何かを学ぶ時代だったので。

 

でもこれからは、人生を宇宙に引き戻した人から

魂が舵を取る人生になります。

 

これは“カルマ”とは関係のない人生です。

 

自我の自由がないというと、響きは悪いですが

本当の自分が求めているものは

自我ではなく魂が知っている

故に自我的にもそこに幸福があるんです。

 

お別れする人たちもいるかもしれないけど

新しく関わる人たちだって増える。

 

パソコンの話に戻ると、

今は人生の舵取りを少しずつ

魂に委ねている人も多くなっているようで

その人たち同士の縁ができて

5次元世界を体現していくのだと思います。

 

同じように✓が少ない人たちで新たな縁ができて

人間ドラマを続けていくのだろうと思います。

 

どちらを体験したいかの違いで

どちらが良い悪いの話でもなく、

またそれぞれ魂に明け渡すタイミングは異なる。

 

ただそういうのがスーパーコンピューターに

一括で管理されているんだな!って驚きました。

 

地球どころか全銀河の全存在の“ナンバー”があって

それがセントラルサンで管理されてると聞いていて

やっぱり地球も地球専用の

ほういう何かがあるだなと実際に見れて

ちょっと感動しましたʕ•ٹ•ʔ♪


f:id:myan51:20170324012208j:image