読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡

LOVE is the only majic in the world

ツインレイー2人で一つ

 

地球人にアストラル界を案内 - 奇跡の中で、

宇宙クレカを使って買い物をした話をしました。

 

また宇宙クレカを持っていたのは

案内した地球人のうち2人だけだと言いましたが、

そのうちの1人は真実のパートナーである

ツインレイの彼と出会っている女性でした。

 

そしてもう一人の宇宙クレカを持っていた女性は

物質界ではまだ真実のパートナーと出会っていない方でした。

 

それで読むまでもなく預金額が

なぜか皆に筒抜けなのですが、

私たち3人の預金額を比べると

ツインレイと出会っている

私ともう一人の女性の預金額の方が

もう1人の女性よりも遥かに多かったのです。

 

宇宙クレカを持っているだけで預金額は高いのですが

更にツインレイといるとその数字は桁違い。

 

何故こんなに高いのかというと、

単なる無条件の貢献度の高さだけじゃなく

どうやらその宇宙クレカというのは

「ツインレイと共用」だからのようなのです。

 

実際お買い物しレジに立ったときも、

私とツインレイと出会っている女性の食料を分けるとき

 

「こっちが○○家で、そっちが○○家ね」

 

と言いながら分けていました。

 

“○○”には、お互いのツインレイである

男性側の苗字が入ります。

(こっちは田中家でそっちが鈴木家のね、みたいな)

 

向こうではツインレイは

既に初めから夫婦という考え方のようです。

(まぁ本当にそうなので当たり前なのですが)

 

それでツインレイといると預金額が高くなるのは

「2人分の貢献度」は「一つ」として数えられるから。

 

彼は私で、私は彼。

 

なので彼の貢献はもれなく私の貢献そのもので、

私の貢献も彼の貢献そのものになるということ。

同じ自分だから。

 

だから預金額が貯まりやすいのだと思います。

 

また私が買ってきたその食料とかも、

個人としての「私」のためだけじゃなく

同じ私として「彼」も入っているのです。

 

それが大前提で食料を買っていたのです。

 

こっち意識の私は、私というと私のことですが

向こう意識の私は、私というと

「私と彼」という概念が当たり前のスタンスでした。

 

貢献度によって受け取ったご褒美?も

自分のために自分に与える様々なアイテムも、

 

私と、同じ私である「彼」にも還元される。

 

アストラル界以上の次元では

本当に境がないのがツインレイなんだなと

改めて思いました。

 

なので自分の気づきやインナーチャイルド等の癒やしは

必ず真実のパートナーである相手のためにもなっているし

理由なく幸せな気持ちが流れたり力が漲るのは

もしかしたら相手のおかげかもしれません。

 

自分は成長しているのに

彼はまだ何も分かっていない!ということは

ありえないのです。

 

どの次元においても、

常に2人で一つなのがツインレイ。

 
f:id:myan51:20170428212658j:image

 

地球人にアストラル界を案内

 

どの体験から書いていったらいいのか

とても迷いますね〜(*_*)

 

とりあえず今回は、

地球人にアストラル界を案内するの巻。

 

私は自分のことを「生きる幽霊」と認識してるくらい

肉体から離れた生活や体験には慣れているのです。

 

というか、本当はみんなそうで

ただ現時点では多くの地球人は

自分は地球だけに住んでいると思っていて

アストラル界というリアルな世界は

現実ではないただの夢だと思っていて

肉体を離れる=死ぬと思っている人が

非常に多いんじゃないかと推測しています。

 

そこでいつの間にか

私がアストラル界でやっていることが

「地球人をアストラル界に案内する」こと。

 

これは目に見えないもう一つの現実

その人たちの夢の中で単に紹介するだけじゃなく、

起きたあともその体験をリアルに覚えていられることと

アストラル界は「もう一つの現実である」と

体感できるようにすることを目指しています。

 

そこで私が心がけていたことは、

明晰夢という言葉を頻繁に使うことと

 場面ごとに彼らを物質界に戻しては

また呼び寄せて“続き”から始めること。

 

例えばあるタレントさんたちを案内していた時

「ここはもう一つの現実であり

物質界ではこれを明晰夢と言います。

明晰夢”なんです。

 

ではここで1回起きて

この記憶を鮮明に覚えていて下さい。

(またそのうち呼びます)

 

3…めーいせきむー!(パチンっ)」

 

最後のはどういうことかというと、

本来「3、2、1(パチンっ)」で

指を鳴らして彼らを物質界に戻すのを、

「2、1」の部分を「めいせきむ」という言葉にし

ギリギリまで印象づければ起きてそうそう彼らはすぐに

明晰夢」について検索するからです。

 

これはタレントさんですが、

不特定多数のたくさんの地球人を案内していて

その中には身近な友達も数人いました。

 

ただタレントさんの時はより力を入れていて

これはその人の影響力を使い

多くの人に受け入れてもらえる為です。

 

知らない一般人が言うことよりも、

憧れる有名人の言うことの方が

人は無防備に信じる傾向があるので。

 

ただアストラル界で集団で動くことは難しく

グループで来られても

波動の法則が物質界よりも顕著に現れるアストラル界では

彼らがバラバラになることがあります。

 

エレベーターの意識

タレントさんたちをとても大きなホテルに泊める

という場面があったのですが、
f:id:myan51:20170428160016j:imageあこがれのディズニーホテルに行ってみた | あなたが知らない 東京ホテル戦争の舞台裏 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「今回担当させて頂く永田(私の本名)と言います。

よろしくお願いします。」

 

と自分の担当グループ(5人ほど)に挨拶をして

彼らの泊まる階に案内しようとエレベーターに乗ったのですが、

2人はエレベーターに閉め出され入れなかったのです。

 

そしたら別のエレベーターがその2人を

予定の階よりもっと上に運びました。

 

同じグループでも、個々の霊性が大きく違うと

アストラル界のエレベーターはそれを察知し

いるべき階へとその人を運ぶのです。

 

そして私の目的は

地球人にアストラル界を知ってもらうことなので

 

「こんなふうに、ソウルメイトであっても

波動が違えば物質界では一緒にいられても

アストラル界で一緒に行動することは難しいのです。

 

同じ目的で来たとしても、

波動が高ければ必然的に次元の高いところへ、

そしてまたその逆も同じです。」

 

と説明しました。

 

宇宙での預金

またタレントさんたちではない

多くの地球人たちを案内しているときは、

「宇宙でのお金」「アストラル的アイテム」

についても説明しました。

 

宇宙のお金というのは働いて貯まるのではなく

どれだけ無条件の貢献をしたのかで貯まります。

 

物質界での大金持ちはたくさんいますが、

正直アストラル界でのお金持ちはほとんどいません。

 

貢献度が高いとこの世で言う

クレジットカードみたいなものが持てるのですが

〈イメージ〉
f:id:myan51:20170428161232j:image

私が案内した地球人たち(約50人?)の中で

それを持っていたのはわずかに2人でした。

 

じゃアストラル界でお金持ちだと何がいいの?というと、

アストラル的アイテムが手に入るのです。

 

目に見えないアイテム。

 

例えば人のオーラを見てみると、

剣を持ってる人や何かの鍵を持ってる人や

私が弟のオーラを見たときは

どデカイ、アルバムとか写真を持ってました。

 下着を大量に持ってる人とかもいましたね。

 

それぞれちゃんと意味があって、

目に見えないアイテムとして下着を持ってる人は

女性性が高くお肌がふっくらしてたり

単純にフェロモンが高かったりします。

 

剣とか鍵はライトワーカーに多くて

ミッションに使ったり元々の自分のものだったり。

 

アルバムや写真はなんでじょうね(__)

彼は絶対にやりたいことがこの世にあって

その“案内図”みたいなものですかね。

 

私は多くの地球人たちを案内したあと、

自分の宇宙クレカで大量のお菓子や食べ物を買ったのですが、

これは物質界で食べる物に困らないためです。

 

お金がなくなってもどこからか助けや臨時収入が入ったり

誰かに奢ってもらえたりと、

食べる物に困らないために大量に買いました。

 

またアストラル界でのアイテムというのは、

物質界だけじゃなく、

死んだ後も使えるものだと皆に説明していました。

 

ーー✽ーー✽ーー✽ーー✽ーー✽ーー✽ーー✽ーー

 

アストラル界についてこんなに紹介しているのは、

目に見えない世界と目に見える世界は

決して分離などしておらず

密接に関わっているからです。

 

そのことを支配者層は重々承知なので、

意図的に夢の中を旅します。

 

それを一握りの人たちだけではなく、

ぜひ多くの地球人にこのことを思い出し

意図的に両方の現実を生きて欲しいと願っています。

 

今回もかなりのロングバージョンになりましたが

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 
f:id:myan51:20170428155712j:image

 

物事の本質である、意識

 

最近は特に明晰夢が当たり前で、

夢の中と認識して過ごしているという表現は

間違いだなとつくづく感じる今日この頃です。

 

起きてる時は物質界で生きてるけど

私にとって寝る行為というのは

肉体を離れて生きるということ。

 

だから物質界とアストラル界の二重生活をしている

という表現がピッタリですね。

 

でもここで知って欲しいことは、

起きてる間、物質界で過ごしている間も

アストラル界にいる自分をはじめ

多次元に存在しているあなた自身は消えないということ。

 

寝るとアストラル界に自分が存在するんじゃなくて、

寝るとアストラル界に存在していた自分に同調する

 

私たちの本質は肉体でも人間でも、

天使や神様といった“階級”でもなく、

意識

あなたは私とか、

この世界には自分しかいないと言われるのは

あの世にもこの世にも、全てにおいて

一つの意識だけが存在するのです。

 

だから、あの人この人はもちろん

あの机やこの植物、あの猫や犬も

あなたそのものなのです。

 

ただその中であなたと関わる人や現象は

“より”あなたらしいもの。

 

“より”というのは何かというと、

本質である一つなる意識(ソース)はもちろん

さらに物質界にフォーカスするための意識(自我)が

より反映されたものがあなたの世界に現れるのです。

 

もし今、苦手な人や嫌いな人と関わっているとして

あまり関わりのない優しくて憧れるあの人も自分だけど

(一つなる意識、ソースにおいて)

あなたが苦手な人と関わっているのは

関わっているその人がよりあなたらしいから。

(ソースはもちろん、自我も含めて)

 

関わりがないと思えない遠くのものもあなただけど

関わっている人や体験している事象というのは

あなたの自我も含めたよりあなたらしいもの。

 

かなり話が脱線しましたが、

多次元の自分に話を戻すと

 

私たちは「意識」なので、

意識であるという機能を使って

 

物質界の自分に自分そのものである

意識を同調させて「生きている」と思ったり

 

アストラル界の自分に自分そのものである

意識を同調させて「明晰夢」などと呼んだり

 

違う時間軸の自分に自分そのものである

意識を同調させては「タイムトラベル」と言っているのです。

 

多次元に渡って多くのあなたは既に存在しており

自分そのものである意識という機能を使って

生きている世界を体験する事象を選んでいるのです。


f:id:myan51:20170428142542j:image

 

新地球の泳ぎ方

 

地球内部で高次他惑星の存在たち(進化した存在)に

新しい地球での“泳ぎ方”を教えてもらった話。

 

【キーポイント】

古地球と新地球の流れは違うため

古い泳ぎ方を続けると前には進めない。

 

ーー✽ーー✽ーー✽ーー✽ーー✽ーー✽ーー✽ーー

 

地面を突き抜け内部へ

昨晩のアストラル界での体験なんですが、

私が自分の宇宙船(円盤とかUFOのこと)に乗ろうとしたら

「私も乗せて!」って言われ4人くらいと一緒に乗りました。

 

こういう 個人宇宙船というのは気づいてないだけで

誰でも持ってるものかなと思います。

 

それで皆で私の宇宙船に乗っていたら

宇宙船自体が時計回りに勢い良く回転しだしました。

 

私の体験では記憶上、

反時計回りの回転は統合に向かって(上に向かう感じ)

時計回りで回転するとき分離するんですよ。

 

例えば、時計回りで霊体が回転すると

肉体と分離して多次元に行ったり

ツイン君と抱き合ってるときに時計回りの回転をしたら

一段階低いアストラル界に行って

“男女”に分離して物質界に還ってくるとか。

 

それで今回は、宇宙船が時計回りで回転したら

宇宙船がパーツごとに分離して(天井と床と側面など)

それでどっかに飛んじゃって私たちだけが残され

地面に引っ張られるような強い磁力を感じました。

 

私は記憶しているだけでこの体験を1回経験しており

こういう場合、地面を突き抜けて地球内部に行くんです。

 

それで私が「うひょー♪突き抜けるぞー♪」って

ワクワクしてる中、皆は怖がってしがみつかれました。

 

突き抜けるって知らないと、

単に地面に叩きつけられると思って確かに怖いかもしれません。

 

それで案の定め地面に勢い良く近づくと

一瞬で突き抜けて地球内部へ。

 

地球人は“4年生”

そこには様々ないわゆる宇宙人がいて

肌が赤や青色だったり、

体の形も違うし耳が魚のエラみたいになってた

ヒューマノイド?の宇宙人もいましたね。

 

ちょーファンタジーで見てるだけで楽しいとこ♪

 

それでそこには第4波動の地球にシンクロし始めた地球人と、

その人たちに新地球での泳ぎ方を教える

進化した宇宙人がたくさんいました。

 

そこでは地球人は“4年生”と認識されていて

私が見た中では、6年生から1?年生までの

“先輩”たちである宇宙人たちがいました。

 

このとき前のアストラル界体験で出逢った

「第4波動」という言葉を使った

小学生男子の話を思い出しました。

アストラル界【2】 - 奇跡

 

私には映画アバターに出てくるような容姿の

女性がついてくれたのですが、

 

「今まではクロールで泳いでいたようなもの。

手をいっぱいに使って足をバタバタさせ、

ほとんど顔を水にうずめたままだった。


f:id:myan51:20170425235916j:image水に浮かぶことに慣れてみよう | SwimingBeginners

言語化するとこんなことを言われました。

(実際は言葉ではなく感覚で伝わったので

一瞬で、しかも“正確”に言いたいことが伝達できる)

 

でもこんな今までの泳ぎ方では

新地球では物事は進まない、ことを言いたいかのように

全力でクロールしているのに

1mmも進んでいないビジョンが映った。

 

1mmも。まったく進まないらしいのです。

 

それで彼女は私の足にぴったりな

ダイビングにつける時のフィンをつけてくれて

(でもこの世界のフィンより凄く小さい)
f:id:myan51:20170425235644j:image今日はどうする?

背中合わせで水の上に乗ると、
f:id:myan51:20170426000009j:image
「足首だけを動かして、

足首から下だけをバタバタさせる。

(すると、すんなり進む)」

 

●宇宙から見た今までの地球の泳ぎ方

  • 息苦しい
  • 手足を常に動かし忙しく体力を使う
  • 空を見上げる余裕なし

 

●新地球(第4波動)での泳ぎ方

  • 足首以外、何も使う必要一切なし
  • 無駄な体力を使わない
  • 常に息ができる状態

 

つけてくれたフィンというアイテムは、

魂本来の機能であるテレパシーを始めとした

様々な能力だったり宇宙と繋がるもののことかなと思っています。

 

そして肉体の力はそれほど必要とせず、

足首から下の体力ほどで

物事はすんなりと進みすいすい泳げるようです。

 

だからあれですね、

汗水垂らして努力せよ!では物事進まないよ。

 

気楽にぷかぷか浮かぶ気持ちで、

少しの我の力と完全なる宇宙の流れへの降伏

がこれからの時代の泳ぎ方です(•ө•)♡


f:id:myan51:20170426001435j:image