kiseki

Love is the only majic in the world

潜在意識に話かける(テレパシー)

 

私はちょっとずるいです。

何故って?潜在意識のテレパシーで、実際に口では言いにくいことを相手に伝えるからです。

相手は顕在意識では気づいていませんが、無意識にその会話の返答を普通に口に出します。

 

口に出るものは全て本音ですが、あえて声に出さなくてもいい、けど何かを言いたい時は向こうの潜在意識に向かってテレパシーで会話をします。

 

だからって悪口とか罵倒とかはしませんよ。

 

潜在意識のテレパシーって言うと、相手は何を言われてるか分からないから何を言ってもいい!みたいに思う人もいるかもしれないけど、

むしろ、潜在意識が1番自分!

 

前にある男性に仕事の件で腹立って向こうの潜在意識にテレパシー会話で文句言ったんですよ。

そうしたら向こうもイライラしてて私と話すときは怒ってる。

でも、まぁ私も気をつけなきゃな・お互い様ですね、みたいなことを潜在テレパシーしたら、帰るときに笑顔で「本当にお疲れ様!」って言われたんです。

 

これ以外にも私が向こうの潜在意識にテレパシー会話をして向こうから口で返答が来る、というのは多く経験していて、もはや普通に。

 

だから、「あ!テレパシー会話できない人っていないのね!」という結論に至りました。

 

ただ人が認識できるテレパシー(顕在テレパシー)と認識できないテレパシー(潜在テレパシー)があるんや!と思いました。

 

ふいに自分が誰かに何を言いたくなったとき、したくなったとき、先に潜在テレパシーで会話をしてるからその返答?を相手に返したくなっているのかもしれないよ。

 

f:id:myan51:20170804142400j:image

 

潜在しなくなる潜在意識

 

今までの(ほとんどの)私たちは潜在意識95%で、顕在意識が5%ほどと言われてきました。

 

ただ自分がテレパシーを意図的に使う日常と使っている人たちと触れ合う中で思ったのは、潜在意識を少しでも認識しているとテレパシーが使えるということ。

 

テレパシーというのは日常会話のように話したい時に話し、話したくない時は別に声に出さなくてもいいもの。それとプラスで、もっと目に見えないものに敏感になると(または変性意識状態などの目に見えないものに敏感になっている間は)自分のイメージや感覚も相手に伝えることができる。

 

それでこの“目に見えないもの”を脳で説明すると“潜在意識”になるんだけど、私たちは起きる直前までは顕在意識が少なくとも脳の50%ぐらいにはなってると思っています。

 

だから起きる直前までの自分を覚えている人は経験したことあると思うんですが、起きる直前に自分が誰かと喋ってたり(実際に会ったことがない人でも)、「前にもこんなこと言った・した」って自分では当たり前に思っていたのに(覚えていたのに)、完全に起きると「あれ?そういえば、前にあんなこと言った・やった覚えないのに、なんでした記憶(感覚)があるんだろう?」って思う時がある。

 

それは何故起きるのかというと、

顕在意識の活動と潜在意識の活動

というのがあるんですね。

 

私たちのほとんどは顕在意識の活動は認識できるけど、潜在意識の活動は認識できていないんです。

でも波動が軽くなると目に見えないものに敏感になる→潜在意識を認識できるようになります。

 

ちなみに顕在意識の活動と潜在意識の活動は別々ではなく常に影響しあっています。

 

テレパシーができるようになると、意図的にテレパシー会話(顕在意識でのテレパシー)をするのと、気づくと勝手に自分が誰かと会話してるのが分かります(潜在意識でのテレパシー)。

 

テレパシーができていない人というのは、顕在意識でのテレパシーをしていないだけで潜在意識でのテレパシーは常にしています

 

だからテレパシーの最初の段階は自分の声を聞く。

自分の潜在意識の声でもエゴの声でもなんでもいいんですが、俯瞰して見る(聞く)と、何かしらの声が聞こえるんですよ。

 

そうしてると顕在意識と潜在意識の堺が曖昧になってくるので潜在意識まで認識できるようになり、潜在意識経由の顕在意識テレパシー?(笑)というのができるようになります。

 

潜在意識でのテレパシー(自分が無意識に誰かとしてる会話や自分の心の声)を聞けていない間は、顕在意識にまでその会話は登ってこない(結果的にテレパシーができない)ということになる。

 

ちょっとややこしい文章になってしまいましたが、周りの人たちも含めて多くの人とテレパシー会話をすることが多くなってきたので書いてみました。


f:id:myan51:20170804140908j:image

 

 

自分のエネルギーを具現化

朝、変性意識状態のときに巨大なクリスタルがでてきて手を突っ込んだら…ムーンストーンの剣が出てきた!(太陽の剣は本当の持ち主であるツイン君に返還済み)
f:id:myan51:20170803142318j:image※ネットより

本当に剣の内側で青い光が泳いでいてとても不思議で魅力的な剣だった。

 

そこから目を瞑るだけでムーンストーンが出てくるのだけど、見たことないほどの透明度を持っていて放つ色も薄い青だったり濃い青だったりすごく綺麗だった。

 

そこで思い立って!

今の自分のエネルギーを石で現すと“ラリマー”と“ムーンストーン”なので、思い切ってその二つを購入し自分用のマクラメアクセサリーを新たに作ろうと思いました!

実際に買ったラリマー↓
f:id:myan51:20170803143309j:image

 

残念ながらビジョンほどの綺麗なムーンストーンは結構探してもなかったのですが、自分が見た中でピン!と来た最高のラリマーとムーンストーンで制作します。

 

楽しみー\(^o^)/♪

 

ぜひ皆さんもピン!と来た自分のエネルギーの具現化を制作してみて下さい。

楽しいですよ\(^o^)/♡

 

 

“自分のもの”に出会うために

 

この前、寝る直前に普通に目を瞑っていると、男性のようなどっしりとした太めの首に丸型の天然石を使ったマクラメアクセサリーがかけてあった。

次も丸型の違う天然石だけど、これはさっきと違うデザイン。

 

するとそのままいくつかのマクラメアクセサリーが誰かの首にかかっているのが視えた。

 

どれもデザインの細部や紐の色までハッキリと視え、ペンダント部分の紐の色とチェーン部分の紐の色が違うマクラメアクセサリーもあった。

 

これらは、これから私の作るマクラメアクセサリーが誰かの首に既に未来ではかかってる…ていうのが分かった。

 

そして最後にドロップ型のムーンストーンが出てきて、最高の透明度はないけどそれなりに透明度はあって、何より内側から放たれる青い光がとても綺麗だった。

それでこの時の私は、これが“誰の”ムーンストーンか分かってて会ったことない人なのに名前を言いそうになったのが自分でも不思議だった。

(でも実際には会ったことないからハッキリと名前は分からなかった、でも口から出そうになった、という不思議)
f:id:myan51:20170803140308j:image※ネットより

 

ただ他のマクラメアクセサリーと違って首にはかかっていなかったし、何より“ボヤケてた”。

デザインがふわふわで視えなかった。

このムーンストーンの持ち主の“雰囲気”だけを感じた。

 

それでこれはどういうことかというと、この人のエネルギーを石として具現化すると綺麗な青い光を放つムーンストーンなんだけど、現段階ではこの人は自分の価値を認めていない。

だからエネルギーが安定せず、なかなかビジョンがハッキリしないというものだった。

 

だからその人のムーンストーンを使ったマクラメアクセサリーを作りたいんだけど、その人のエネルギーが安定するまで“その人のためのマクラメアクセサリー”が創れない。(視えないから完成しない)

 

私は別に「誰かのため」を意識して作ってるわけじゃないんだけど、これが不思議で、あなたの考えるものって絶対にどこかの誰かさんの必要なもの・欲しいものなんだよね。

 

相対性のこの世界ではこのメカニズムは絶対。

 

売上の低さ・高さで会社が倒産したり繁盛したりするけど、それはどのくらいの人が必要だと思ったのか?の話で、多さに関わらず、誰かの考えること思いつくこと作るものは“他の誰かのもの”

 

実は、自分は自分のためにこの世界にいる。

存在してるだけで誰かのためになってるっていうのは綺麗事ではなく相対性であるこの世界の機能。

 
f:id:myan51:20170803140409j:image

それで「誰かの考えること思いつくこと作るものは“他の誰かのもの”」に話を戻すと、“自分のもの”っていうのはあってね。

というか洋服にしてもアクセサリーにしてもなんでもそれらって“自分”なんですよ。

 

自分という本体のエネルギーがあって(霊体とかエネルギー体とかって呼ぶかもしれない)、それが自分の姿(身体)として具現化されてる。

そしてその自分のエネルギーを姿(身体)意外で具現化されたのが、今自分が身につけている洋服・靴・アクセサリーとかなんです。

 

でも今までは思考によって自分じゃないものを選択してきたからごちゃごちゃになってたけど、これからはちゃんと分かるようになる。

 

物だけじゃなくて人間関係にも言えるんだけど、誰かへの憧れや嫉妬・自己評価の低さとかで本当は欲しいと思ってないものを選択したり奪ったり、本当は欲しいと思っているものを諦めたり「いつか」って先延ばしにしなくなる。

 

ちなみに「無駄使い」って言葉は必要ないものにまで使うってイメージがあるけど、必要なものにほど人って全然お金とか時間って使ってないんだよね。

 

“実用的なもの”とか、“自分にメリットがあるもの”とか、“割引・お得”を優先しがちで。

 

仕事で忙しすぎて趣味をやる時間がないみたいなね。

でも魂からしたら、趣味をやるために生きてるんです。

 

何を言いたいのかというと、

自分に正直に生きていないと(自分のエネルギーを安定させる・ハッキリさせる)自分の本当に欲しいもの必要なものに出会えないよ!

 

ということです。

 

ムーンストーンに話を戻すと、もしその人のエネルギーが安定したら私はビジョンをハッキリ視え作れて、縁ができてその人に無事に自分のムーンストーンが届くかもしれないんです。

 

写真家になりたい人が自信を持つ、もしくは自信なんて概念を持たずただワクワクだけで進めば、自分に合うカメラに出会えたり貰ったり、展示会を開く機会ができるかもしれないんです。

 

最近服やアクセサリーが欲しいけどお金がもったいないと思ってる人が、「自分をもっと表現したい!」「自分に可愛い服やアクセサリーを与えよう♪」って思えたら、何を見てもどこのお店を回ってもイマイチぐっと来る服やアクセサリーに出会えなかったのに、一目惚れの洋服やアクセサリーに出会うかもしれない。

 

同じ内容を違う視点でころころ書いているだけなのですが、言いたいことはいつも一つ。

 

自分を表現して生きることの大切さ


f:id:myan51:20170803135905j:image

ちなみに今、さんまさんの番組(スペシャル版)の撮影のために、ディレクターが「あなたの叶えて欲しい夢」についてカメラ回しながら聞いて回ってる。笑