奇跡

LOVE is the only majic in the world

自分を思い出すまでの世界 <上>

 

「あぁ、宮崎駿さんと友達だったら…」と思った今回の体験。

なぜならハイテクなアニメーション技術を駆使したいから。

ということで今回もmyan51のアニメーション技術をお楽しみください。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*

 

いつかコタツで横になっていると深い瞑想状態に入った。

するとある男女の人生の流れがアニメのように流れた。

まず始めに、男子家族と女子家族が映り

f:id:myan51:20170127024420j:image

その幼い男女が学生→青年へと姿を変え、成長していった。

f:id:myan51:20170127024457j:image

f:id:myan51:20170127024523j:image

登場人物全員、顔や背も成長していて足の先まで映っていた。

ゆったりと流れるようなとても綺麗なアニメーションで癒されました(*´-`)

実際、2人の間にはもっと余白があってまったく別々の世界を生きている様子がハッキリと分かる。

成長の様子も、保育園→小学低学年→中学年…ととても細かく描かれておりそれぞれの世界で得られる学びは大変多いという表現だった。

 

“それぞれの世界”とは、

自分がどんな立場からどんな目的で地球に来たのか!を思い出すまでの世界。

その世界では父母から強く影響を受け、家族や周りの人との関係性の中でありたっけの学びがある。

そのありたっけの学びはとても神聖なもので、神が神であることを忘れここに生きる“醍醐味”でもある…とそのアニメを見てて思った。

 

するとここで世界が一変する!

 

成長した2人は別々の世界が交わりついに出逢うのですが、後半が長いのでここで一旦切ります。

 

<つづく>