読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡

LOVE is the only majic in the world

真の地球・黒船の停泊場 <終>

地球の優しさで創られた黒船システム
いよいよ、最終です。

*…*…*…*…*…*…*…*…*

黒船システム

改めて、黒船システムとは?
f:id:myan51:20170129003248j:image
2極化が激しく真の地球への移行が難しくなっているこの時期に創られた体制。


内側の統合が完了していない者で真の地球への移行を希望している場合、異次元(黒船)の中で幻想地球を引き続き体験できる。

今まで通り学びを続け内側の統合を進める。

そしてその黒船自体を真の地球の次元の中に入れることで、自分のタイミングで真の地球に降りることができるいうもの。

ちなみに真の地球を希望していない場合は、他の3次元惑星に転生するか霊界に還るのではと思います。


黒船を安定させる

それで前回は、ツイン君の誘導してきた黒船を安定させることができなかったところで話が終わりました。

ただこれで諦めるmyan51ではありません。


朝起きてさっそく瞑想。

①感情と思考を無にして瞑想状態に持ってく

②深い瞑想状態に入ったと感じたら行きたい場所のイメージをする

③太陽が出てきたら幽体離脱の前兆!
眩しい太陽の光を見ていると、ポンっ!とその次元に飛べる。

私の場合はいつもこんな感じで多次元の旅が始まります。
太陽が出ないときはそのまま寝てしまいますが。
 

それで黒船のある浜辺に行くと
固く安定した土のところまで黒船を引っ張って、そこでパイプを差そうと考えた。

なので久しぶりにガーディアンエンジェルや天使たちを召集し、一緒に引っ張ってくれるよう頼みました。
f:id:myan51:20170129003330j:image

無事に次元の境目を通って土が固くしっかりしている場所でそろそろパイプを差そうとしたとき、更に奥に緑があることに気づき近づいてみた。

すると…

ジャジャーン!!!
f:id:myan51:20170129003357j:image
びっくりΣ(゜Д゜)!!

なんと芝生のところにパイプを差し込む穴がずらーっと横に長く並んでいたのです!!

驚きと感動でパイプを持ったまま暫く固まってしまいました。

少し落ち着くと穴にパイプを差し込んで戻ってきました。


黒船を実現させたもの

真の地球に移行するなら、ぜひ大切な人たちと楽しみたいよね。

友達とか家族とか、知り合いじゃなくてもそう願う魂があるならぜひ手伝いたい!と思いますよね。

その想いの力がこういったシステムに繋がったのかなと思っています。

少なくとも私の知る限り、初めからこのような“計らい”ができる予定はなかったので。

黒船を連れてくる
次元の境目を通過させる(安定させる)

これができれば、穴を掘ったり力づくでパイプを差し込まなくても、

真の地球には黒船を大歓迎する固定場がちゃんとあったのです。


この黒船システムは、人の想いの力と地球の優しさによって実現した体制です。

改めて強い愛が創造力の根源であると実感しました。

またもや素敵な体験ができました。

ありがとうございます。


だから焦らなくていいし

怖がらなくていいし

誰かの言うことを聞く必要もない。


いつだって真の地球とその住人たちは

真の地球を希望する全ての魂を歓迎している。


怖い情報は全て起こらない。

そのまま自分のペースで成長できる安心感を

私たちは獲得している。