読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡

LOVE is the only majic in the world

2つの世界を結ぶ反転原理

 

パイレーツ・オブ・カリビアン

この映画はジョニー・デップが良いキャラするし、オーランド・ブルームキーラ・ナイトレイは美男美女だし大好きでしたね♪

そんなパイレーツ映画が最近寝る直前と起きる直前によく出てくるのですが、その理由が分かりました。


パイレーツ・オブ・カリビアン
<ワールド・エンド(世界の果てに)>

f:id:myan51:20170129175533j:image
この話では、“死者の世界から本来の世界に戻るため、皆が船を反転(転覆)させる”シーンがあります。

Y!知恵袋
Q.なぜ船をゆらしていたの?
A.ジャックの目的は、船をひっくり返す(転覆させる)ことでした。
あの世界から脱出するには日の出を見なければいけません。
ですが、あそこでは日の入りしかきないので、どうにか日の出を起こす必要がある。
そこで、
普通に見ていると日が沈んで見えますが、
天地を逆にして、逆立ちして見ると、日が昇っているように見えます。
(ちょっとした、とんちですよねw)
船全体を逆立ちさせれば、船から見て日の出が起こっている(ように見える)ので、脱出できるとジャックは考えました。
そこで、全員で船を転覆させようとしたのが、あのユラユラです。
揚力のある船を沈ませるには、ひっくり返すのに強い力がいります。なので船のおもり(自分たち・荷物)左右に揺さぶって徐々に強い力を生み出しました。
(原理はブランコと同じです)

真の地球・黒船の停泊場
真の地球・黒船の停泊場 2
真の地球・黒船の停泊場 

について書いてきましたが、黒船が安定しない・揺れる理由が分かったのです。



反転原理で真の地球の次元へ

何度も書いていますが
真の地球と幻想地球の2つの地球があって、幻想地球は元の“反転した世界”。

真の地球は不老不死真のペア能力などが普通であり何も特殊でファンタジーなことではありません。


また、真の地球に引っ越したことで正真正銘“宇宙人”となり、ほかの惑星の存在と接触する頻度が増えていきます。

今まで宇宙人と接触する理由はだいたいが“使命”ですが、

外国人が日本に来る理由は、日本への特別な使命によってではないですよね?

ただ興味あるとか遊び行きたいとか。

これからは宇宙人の訪問もそれと同じになります。


そしてアストラル界にも幻想地球の4次元と真の地球の4次元の2つが存在する

その世界でも同じく反転が起きている。


黒船を安定させないと揺れる・傾くのは、自身で反転しようとし元の世界(幻想地球)に戻ろうとするから。


黒船を連れてくる男性たちは、2つの別次元を反転原理によって自由に行き来しているようです。

なのでせっかく来た黒船が元の幻想地球の4次元へ飛ばないよう、真の地球には黒船の固定場が創られたようです。


この原理を人間に置き換えれば

例え真の地球に次元を変えても、
初めのうちは幻想地球に戻ろうとする。
(自身で反転しようとする)

そのときに感情の揺らぎや、
現実と内面大きなギャップを感じることもある。

*…*…*…*…*…*…*…*…*

仲間たちが嬉しそうに真の地球について科学的・数学的に説明してくれますが、まったく意味が分からない\(^^)/

ということで、検定は受けませんがとりあえず中1の数学から勉強し直そうと思います!


f:id:myan51:20170129175650j:image