読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡

LOVE is the only majic in the world

体の内側を見る

 

突然ですが、目って外側についてますよね?

 

当たり前ですが、外側の事象が見えますよね。

 

ですが最近、目が内側についているかのように肉体の内側を見た体験を数回したのでシェアしたいと思います。

 

相変わらずマイワールド全開ですが、「この子の見てる世界はこんな感じなのね」という暖かい気持ちでどうぞ。

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

 

意識は起きてもそのまま目を開けず、思考もしなければ瞑想状態が維持できるんですね。

 

そのときに自分自身が胃カメラのようになって、上から下に流れる形で自分の“管”の中にいながら周りを見ていた。

 

体内粒子とDNA

この管っていうのは動脈・静脈をイメージしてもらえればいいですが、とりあえず体のどこかの“管”を赤血球とかみたいに流れていたんです、自分自身が。

 

すると見ているものがもっと拡大されて、なんとプラーナになった! 

f:id:myan51:20170201001437j:image
ぼーっと空を眺めていると空気中にプラーナがあるのが見えるかと思いますが、その空気を吸っているわけなのでそりゃ体内にあって当たり前だろうなと冷静に考えていた。

(ちなみにプラーナよりも微細な素粒子があり、それこそびっしり空気中にある

宇宙の完璧さ - 奇跡)

 

それで体内のプラーナを見ながら非言語で

「“尾”は光が流れる時の残像であり、

実体は丸い部分のみ」

というメッセージを受けとりました。

 

(でも感覚としては元々知っている情報で、改めて思い出したような感覚。

なのでこの非言語の情報源はそれこそ自分の叡智かと)

 

おたまじゃくしと似たような形のプラーナですが、尾は光が流れた時の光の残像であり、光(プラーナ)自体は丸いのですって。

f:id:myan51:20170201002501j:image

 

そのプラーナを観察していると、なんと!!!

辰のような形の粒が隣に現れたのです!!!

f:id:myan51:20170201002702j:image

実際は形だけだし、レントゲンに映っているような見た目でとにかくリアルでした。

大きさはプラーナ(丸い部分)と同じなので、めちゃくちゃ小さいです。

あんなのが実際に動いててもきっとプラーナと同じように見えるだけかもしれません。

 

辰の形をしたものが人体にあるわけないと思う人が圧倒的大多数だとは思いますが、

「そりゃそうか。

だってそういった宇宙人(龍系)も地球ヒューマノイドの遺伝子実験に関わってるもんね。」

って、普通に思いました。

 

私はそれを“ドラゴン粒子”と呼び、ドラゴン粒子に集中していたら今度は自分自身がドラゴン粒子そのものになった。

 

するとドラゴン粒子専門の管かは知りませんが、ドラゴン粒子がある管をぐんぐん進んだんですね。

f:id:myan51:20170201003516j:image

 周りは赤黒くてリアルでした。

管の中ってこんな感じなんだなーって思ってたら、前をみるとその管が塞がれてたんです!!!

 

そこが終わりではなく、管が収縮してくっついちゃったような。

f:id:myan51:20170201003750j:image

 でもドラゴン粒子状態の私は、塞がっていようが関係なくその“壁”に突進。

その反動で少し後ろに流されるもまた突進。

そして流されるもまた突進…を繰返していた。

なので本来その管は開いていて、そこがそのドラゴン粒子の通る管なのでしょうね。

 

で、これを繰返している時に「この管は三重螺旋に関わっていて、塞がっているのは私のDNAがまだ完全に戻ってないんだな」と思いました。

ドラゴン粒子君、ぜひ頑張りたまへ。

 

f:id:myan51:20170201004849j:image

 米・カリフォルニア州のとある博士は、実際に三重螺旋構造のDNAを持つ子供たちを発見しているし、人類がこれから三重螺旋になることに不思議さはありませんね。

“三重らせん”構造のDNAを持つ子どもがいる!? 「超人類」への進化が始まった可能性!

 

松果体・別次元へのポータル

リズムを整えるホルモンやメラトニンを分泌する松果体は、第三の目など様々なサイキック現象に大きく関わっていると言われています。

 

それで多次元トラベルとも関わっているのかな?と思う体験をしました。

 

これもうとうとしている時なのですが

急に「ウィーン!」という音が左右の耳を直線的に行き来している感じが起こった。

 

暫くそうしていたら、今度は円を描くように頭に沿って回りだした。

f:id:myan51:20170201011159j:image

この時には音が“感覚”に変わってて、小さい粒が高速に頭を回ってるのが感じられた

 

するとその粒が回っている軌道の残像らしき線が暗闇の中で見え始めた。

そしてなんと!真ん中には目が一つ。

f:id:myan51:20170201011445j:image

まるで肉体の目をひっくり返して、そこから内側にある松果体を見ているかのような。

f:id:myan51:20170201011159j:image

 

それでまた暫くそれを見ていると、今度は右脳の周りを上下に、これまた円を描くように回りだした。

f:id:myan51:20170201011758j:image

 

そうしていたら意識を保ったまま別次元に飛んだ。

 

今まで様々な幽体離脱だったりの前兆を経験してきましたが、こんなに肉体・脳の活性化?を感じてからの多次元トラベルは初めてでしたね。

 

てっきり松果体はビジョン関係にのみ関わっているのかなと思いましたが、電子的?な何かの粒の動き松果体や脳の働きによって、霊体は肉体を飛び出すのかなと思いました。

 

体の神秘はこれから発見されていくのだろうと思います。

本当に面白い時代ですね♪

それとドラゴン粒子のおかげで改めて全てはフラクタルであり、大いなる全ては私(全体としての)だし、また体を作る細胞一つも自分自身なのだと実感しました。

 

実際ツイン君に「ショートにしないの?」とテレパシーで聞かれたとき、「ロング好きだからまだ死なないよ!」と答え、自分に驚いた。

 

髪の毛も爪も、きっと体の垢さえも、自分自身なのだと私たちは本当は知ってるんだろうな。

 

これからもこの体を大切にしていく。

てんきゅ、マイ・ボディー\(^^)/