読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡

LOVE is the only majic in the world

自分のお披露目

 

SNSを上手く使おうと思って、

その都度の自分の感情の表現はtwitter

趣味や商売関係はinstagram

スピリチュアル関係はブログで

発信していこうと思ったんですね。

 

それでなんとなく、instagram

いつも使わない“ハッシュタグ

なるものを使ってみたんですよ。

 

そしたら!いいねが増えるのはもちろんだが

感動したのは色々な人からのいいねがあったこと。

 

例えば曼荼羅アートやマクラメが中心ですが

それらと関わっていない人や

なんと医療関係の人だったりが

いいねをくれたりフォローしてくれたんです。

 

曼荼羅アートも、写真を投稿する度に

毎回欠かさず必ずいいねしてくれる

マクラメをやってるお姉さんがいて、

「へー!このお姉さんは

曼荼羅アートにも興味があるんだ!」

って新たに発見して嬉しくなったり。

 

もし普段その人と会ったとしても

きっと自分との接点なんて見いだせないけど

ハッシュタグによって

「この人はこういうのに興味があるんだ!」

と知れたのがなんだか新鮮で感動しました。

 

今までの私は「自分は自分、相手は相手」

という考えが強くて、

ある種の“自分を売り出す”ことが

苦手だししてこなかった。

 

来るものは拒み、去るものも追わない。

(あ、ツイン君のことは探偵のように

追い続けましたがね。てへ)

 

人が苦手なのもあって

自主性というか積極性がなくて

その代わり流れに乗るのは

プロサーファー並みに上手いんですが。

 

それで開業届けを出して商売を始めた時も

ちまちま宣伝してたくらいでした。

 

「縁があったらで」というスタンスのもと、

たぶん普通の経営者ならすることをしなかったんです。

 

「ホームページはないの?」

「名刺はないの?」

「どんなもの作ってるの?」

ホームページは最近やっとできましたが

せっかく興味を持ってくれたとしても

 

【私はこういうもので、

こういうものを作ってます!ドヤ】

 

っていうものがなかったんです。

 

まぁ恥ずかしさだったり、

自分はそこまで宣伝されるほどの者じゃない

っていう自信の無さもあったからだと思いますが。

 

それが“ハッシュタグ”によって

自分を多くの人に知ってもらうことの

素晴らしさみたいなのを感じました。

 

それはいろんな人を知れて何かを発見したり

単純に自分が思ってる以上に

自分の作品をいいね!って思ってくれる人がいて

嬉しいし自信に繋がる素晴らしさ。

 

ハッシュタグ

ある人からしたら日常であるこの機能に感動し

思わず記事にしてしまいました。

 

まさかハッシュタグでこんなに感動し

世界が広がったように感じるなんて

まったく思わなかったです。笑

 

ハッシュタグ開発した人、天才です。

 

そして自分の世界も

自分に集中することも大好きだけど、

この世のツールを使って

いろんな人の世界も感じていけたらなと思いました。

 

もちろん、自立した関係性のもとで(*´-`)

 

f:id:myan51:20170213043219j:image

 

 マクラメアクセサリーのお店「Inspiration」

マクラメアクセサリーのお店 Inspiration

 instagram ID : inspiration.pm

twitter ID:@myaaan_511