読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奇跡

LOVE is the only majic in the world

自由意志の終焉

 

ある朝、起きてからまだ眠くて

しばらく目を瞑ってたら

バイ・ロケーションのような感覚になった。

 

布団の上にいる自分と、ある空間にいる自分の

両方の感覚を持っている状態。

 

それである空間の私の目の前には

大きなパソコンの画面があって

いろんな多くの人の名前がずらーっと並んでいた。

 

名前の横を見てみたらいろんな項目があって

画像は8項目くらいしかありませんが

実際は20〜30項目くらいありそうでした。

恋愛や生活全般、様々なジャンルに関する

様々な項目がたくさん並んでいた。
f:id:myan51:20170324001650j:image

それでこれを見てるときに、

✓が入ってる項目は自我の自由が効かないもの

(魂の方に決定権が戻ったもの)

という情報が入ってきたというか

私は元々知っていたようでした。

 

たぶん誰でも潜在意識レベルでは

このスーパーコンピューターの存在を

知ってると思います。

 

自我の自由が効かないとは、

例えばどこかに行きたいしやりたいけど

それが魂の目的に沿っていない場合は

自我の力(努力、力づく、頑張り)では

どうもできないという意味です。

 

私のところを見てみると全ての項目に

✓があったのですが、去年の何月かに

「人生を宇宙に引き戻す」と言われていたので

なんの驚きもありませんでした。

 

ただ近日中に仲間との飲み会があるのですが

「このままだと行けない」と思ったので

“イベント”だか“人付き合い”だかの

項目の✓を勝手に外そうとしたんですね。

 

そうしたら男性の声で強く「やめてください」

と言われ、( ゚д゚)ハッとし肉体に戻ってしまった。

 

この前の結婚式も本当は向かっている方向と

逆方向で行けないはずだったんですが、

久しぶりに会いたい人たちがいて

ツイン君やガイドたちにかなり無理を言って

なんとか行けたんですね。

 

代わりに直接関わってはいないけど

しっかり“矛盾”を表す不調和が現実で起きた。

 

仲間との飲み会はこの結婚式の時に

決まったのですが、その日が近づくと

またじわじわと「そっちじゃないよ!」を表す

現象が起き出してきて

残念だなー、と思いつつも

自分もかなり無理をしないと行けないので

断念することにしました。

 

 

<自由意志は分離世界のツール>

そもそも私たちの呼ぶ“自由意志”

というものは本来存在しないんですね。

 

一つの意識だけがあり、

自分の存在が他者の為になっている

みんなで一つという世界は

ピースがピッタリハマる構造で

その動きは自我が決めているのではなく

その一つの意識が全体として動かすんです。

 

でも、義理とか常識とかで

私たちは流れに乗るのではなく

流れを作ることをしがちで、

それが“自由意志”なんです。

 

矛盾や不調和、分離が起きようと、

逆にそれらから何かを学ぶ時代だったので。

 

でもこれからは、人生を宇宙に引き戻した人から

魂が舵を取る人生になります。

 

これは“カルマ”とは関係のない人生です。

 

自我の自由がないというと、響きは悪いですが

本当の自分が求めているものは

自我ではなく魂が知っている

故に自我的にもそこに幸福があるんです。

 

お別れする人たちもいるかもしれないけど

新しく関わる人たちだって増える。

 

パソコンの話に戻ると、

今は人生の舵取りを少しずつ

魂に委ねている人も多くなっているようで

その人たち同士の縁ができて

5次元世界を体現していくのだと思います。

 

同じように✓が少ない人たちで新たな縁ができて

人間ドラマを続けていくのだろうと思います。

 

どちらを体験したいかの違いで

どちらが良い悪いの話でもなく、

またそれぞれ魂に明け渡すタイミングは異なる。

 

ただそういうのがスーパーコンピューターに

一括で管理されているんだな!って驚きました。

 

地球どころか全銀河の全存在の“ナンバー”があって

それがセントラルサンで管理されてると聞いていて

やっぱり地球も地球専用の

ほういう何かがあるだなと実際に見れて

ちょっと感動しましたʕ•ٹ•ʔ♪


f:id:myan51:20170324012208j:image