kiseki

Love is the only majic in the world

奇跡の軌跡 3

 

じゃどうやって決着したのか?

 

「世界中の、宇宙中の全てに恨まれてもいい。

 

私は生きたいし

そんなことをしでかしたとしても

笑顔で笑って過ごせる権利はあるはず。

 

せっかく生きてるんだもん、

この世界で自分自身でいることを楽しみたい。

 

私だけでも私を愛し、

私だけでも私を赦したい。

 

すーっと覆っていた霧が抜けたかのように

重い何かが引いて、

 

「ふー、長かった(笑)」

みたいな多数の存在の声が聞こえた。

 

私は責められてると思ってたの。

だから「じゃ死のうか?」とか

「何回でも処刑すればいいよ」って

真っ先に自分の命で償おうとしてた。

 

でもたくさんの存在が、ガイドたちが

私たちに気づかせて欲しかったことは

 

絶対的な自己愛と赦しだった。

 

そしてまた思い出したの。

 

赦しを知るために破壊をした

 

そして必ず本当の自分を

思い出せる自信があったから

安心して闇に堕ちることができた

 

それは 真実にしてリアルなエネルギー に対する

“絶対的な信頼”があったから

 

赦しを知るために破壊をした

破壊したことへの罪悪感から赦しを覚えた

 

卵か先か鶏が先かの話で、

どちらも同じこと。

 

やはり宇宙には“間違い”なんてなかった。

 

 

例え宇宙の全てに何を思われようと

自分がどんなふうに自分を捉えているのか

自分に何をしてあげられるのかが大切。

 

自分にしてあげられることしか、

他人にはできないから。

 

そしてフタを開けてみると、

実は恨まれるどころか深く愛され感謝されていた。

 

破壊というエネルギーも存在すること

そして破壊を知るから創造も知ること

 

知らなかった世界や概念はあり

宇宙の広さを感じられる。

 

だからこそ学びが目的だったために

不調和エネルギーの地球を体験したくて

たくさんの存在が来ていた。

 

自分自身を赦す

 

これが私たちの最難にして最大の

2016年秋の目的だった。


f:id:myan51:20170508173904j:image