kiseki

Love is the only majic in the world

シェアハウスをセカンドハウスに。

 

毎回スピリチュアル系じゃ私が飽きちゃうので

「暮らしの情報」というカテゴリーを加え、

生活関係の記事も書いていこうと思います。

 

今回のテーマは、【シェアハウス】

 

今リゾート地でのバイトいわゆる「リゾバ」中なのですが、

その期間ももうすぐ終わるので

次住む場所に困っていたんですね。

 

実家に戻ればお金はかからないけど

人が多くて自分の部屋が持てない。

これからモノづくりに集中する私にとって

作業場もないし作品を置いておける場所もない。

 

そんな困っている時期にやたら

鮮明な声で「セカンドハウス

というワードが降りてきてました。

 

賃貸契約で一人暮らし

f:id:myan51:20170622172514j:imageシンプルナチュラルなフロアベッド【Cliet】|棚・コンセント付き|ワンルーム、6畳からのインテリア通販サイト moonday(ムーンデイ)

そこでまず考えたのが、家近くで一人暮らし!

 

メリットは実家が近い分

何かお互い困ったことがあれば助け合える。

 

デメリットはいきなり自営一本で

一人暮らししていけるか不安がある。

貯金はあるけど、家の初期費用や

自営のための運営資金で初めは大金が飛び

その中で確かな収入源がないんじゃ

あまり現実的じゃないなと思いました。

 

だからやっぱり実家には戻りたくないけど

金銭的な問題で戻るしかないのかな…

なんて思っていた矢先!

 

タイミングよくとても久しぶりに

昔やっていたイベント会社の先輩から連絡が来て

「働く?笑」って言ってくれたんです!

 

私、仕事欲しいとか働きたいとか戻りたいって

言ってないんですよ( ・∀・)笑

 

ということで急遽、

名古屋で仕事を見つけてしまった上に

融通を利かすことができたので

平日はモノづくりに専念、土日はイベント業

という私にとってとても都合の良い環境ができたのです!

 

ゲストハウス

宇宙の奇跡を味方につけ、

次の移住地はまた名古屋にしようと決めました。

 

そこで2回目に考えついたセカンドハウスは、

ゲストハウス!
f:id:myan51:20170622172257j:image

空ハウス - 宿泊予約は<じゃらん>

旅をする人なら皆さんご存知の「安宿」ですね。

 

ドミトリー部屋ならベッド、

個室なら部屋は個人で持てて

トイレ・お風呂・キッチンなどが共同。

 

このゲストハウス地元にはなくて

セカンドハウスを持とうと思ったら

賃貸の2年契約をしなくちゃならないけど、

名古屋にはゲストハウスが多数ありました。

 

ゲストハウスは敷金礼金等なし、

特に審査もなくすんなり入れ月額費用もお得。

英語を話したい人なら様々な国の人と

関わる機会があるのがメリットですね。

中には朝食付きだったり

コーヒー等がサービスでついてる所もあります。

 

デメリットはプライベート空間が少ないので

他人との共同生活に慣れていない人は

少し暮らしにくいかもしれません。

 

私は安宿を利用していたので大丈夫なのですが…

私が自分の部屋を持ちたい理由は

作業場・作品を置くスペースが欲しいから。

ですが個室のあるゲストハウスは名古屋では少ないんですね。

 

それになんと!月単位で住むと計算すると

なかなかの額になってしまうんです。

だいたい一泊3,000円なので月で9万円くらい。

 

賃貸契約すると初期費用が高い。

ゲストハウスだと月額費用が高い。

 

じゃ、初期費用が抑えられて月額がお手頃な

セカンドハウスってなんだろう?

 

“問題”や“違和感”によって最終的に導かれたのが

シェアハウス!

 

シェアハウス

f:id:myan51:20170622172830j:imageシェアハウスSILVA(シルワ)笹塚:東京シェアハウス

名の通り“ハウスをシェアする”物件。

和製英語だそうです。

 

個人の部屋が持ててトイレなどが共同。

 

初期費用は運営する会社によって違い、

保証金が家賃1ヶ月分かかるところや

数万円と設定しているところもあります。

 

計算するとだいたい10万円くらいですかね。

 

月額は十分綺麗な物件で安くてだいたい5万円ほど。

 

またもう一つのメリットは家具家電つき!

 

一人暮らしをすると初期費用プラス家具家電と

リサイクルショップで買っても結構かかります。

 

だいたいのシェアハウスでは共同スペースの家具家電

部屋のベッドやテーブル等はついています。

 

ゲストハウスもついていますが、

一泊何千円もするゲストハウスでない限り

シェアハウスほど家具家電がそんなに綺麗ではありません。

 

デザイナーズ物件としてのシェアハウスも多く

とにかくお洒落!という印象。

大規模シェアハウスではフィットネスルーム

ライブラリールームがあったり、

女性専用フロアや女性専用シェアハウスもあります。

 

また海外からワーホリなどで来てる人が多く利用してる物件を選べば

英語を使う機会も増えるため、

英語を勉強したい!人にもオススメです。

 

ということで、

【賃貸物件】

経済的な余裕があり、

プライベート空間を重視している人にオススメ。

 

【ゲストハウス】

短期間で住む家を探している人、

様々な国の人と交流を持ちたい人にオススメ。

 

【シェアハウス】

初期費用・月額を安く済まし、

様々な人と交流を持ちたい人にオススメ。

 

でした\(^o^)/♡