kiseki(旧ブログ)

Love is the only majic in the world

この世界自体が「無」

 

腕を見ながら目を開けて

心を無にして深呼吸すると身体が消える。

 

外を眺めながら心を無にして深呼吸すると

山や海、街といった壮大な景色が消える。

 

そして鏡を見ながら心を無にして深呼吸すると

「私」が消える。

 

顔も髪の毛も胴体も足も、鏡そのものが消える。

 

有るのは「概念」だけ。

 

「あ、消えた」と感じた意識だけ。

 

感覚という意識が本当の私だったと改めて実感する。

 

人は目で物事を見ているわけではなく

耳で音を聞いているわけではなく

そして口で言葉を話しているわけではない

 

…としたら?

 

関わっている「相手」という存在も

本当は存在していなかった

 

…としたら?

 

一体全体、何で物事を見て

何で音を聞いて

何で言葉を話していたのか。

 

そして私とあなたは一体誰だったのか?


f:id:myan51:20170625091642j:image

 

本当は何もなかった、初めから何も。

 

見ているものも聞いているものも

話していることも、自分も相手も

 

本当は最初から何もなかった。

 

全てが有るように感じていただけ。

 

有るように感じて体験するのが

この世界、マトリックス