kiseki

Love is the only majic in the world

石たちの感情

 

8月に再開予定のマクラメアクセサリーHP公開に向けて、ある時【送料】について考えていたの。

 

前の私は「大好きなマクラメアクセサリーをたくさんの人に知って貰いたい!」ために、通常よりも安い値段で提供していた。

送料無料にしたり、あっても安いものにできるように追跡サービスや保証のない配達方法もしっかり入れていた。

 

でも今回のテーマは、「生きたまま石を届ける」「本来の石そのものの機能を伝える」。

なのでどっちかというと、人ではなく石が主役のテーマ。

更に今回は、自分が見て惹かれたものだけを厳選した特別な天然石たちだけを扱うので前よりもお値段が上がります。

その工夫として天然石そのものだけでなく、その天然石を扱っている人を良く見ていて、人間として惹かれる人や天然石が大好き、天然石も意識そのものであると知っている人が扱うものの中から選んでいます。

 

そんな大切な石たちを、高い価値をつけた作品を、追跡サービスも保証もない配達方法で届けたくない!と思った。

 

※追跡サービスも保証もない配達方法がいけないわけでもなく、それで届けられる作品の価値が低いと言っているわけでもありません!

ただこの時は素直にこう思った。

 

購入者のことを考えるとなるべく安く済むように追跡サービスも保証もない配達方法があっても良いし、購入者が選べばいいっていうのはよく分かります。

 

でも何故かそれが凄く嫌で、送料があって高いから買わないのならそれでいい!とまで思っていたんです。

 

そしてここからが本題なのですが、

そんなことを思っていると“石たちの会話”みたいなのが聞こえてきて、「私たちのことちゃんと考えてくれてる♪」という会話をしているのが分かった。

 

正確には人間には分からないような言葉というか会話の感じなんですが、それを人が分かるように変換すると「私たちのことちゃんと考えてくれてる♪」となるそうで、そのような言葉で話しているのが聞こえた。

 

もう既に持っている石たちなのか、これから持つ運命にある石たちなのか、それとも石と呼ばれる存在の総合意識からの声なのか分かりませんが、改めて石も意識そのものだなと思いました。

 

私、石でこんなにムキになる必要ある?とも思ったけど、やっぱりムキになっていいんだろうな。

何故か石をすごく大事にしたいんですよね。


f:id:myan51:20170728140531j:image

 

きっとそのきっかけは相棒のクリちゃん。


f:id:myan51:20170728140850j:image

いつか握りしめながら何かをクリちゃんに話していると、目を瞑っていたから視界は真っ暗だったんだけど、急に白いモヤ?霧?みたいなのがブワーッと視界で流れたかと思うと、一瞬女性のようなシルエットが見えた。

 

クリちゃんのエネルギーを人間化するとこんな感じなのかな?と思った。

本当に一瞬だったけど、クリちゃんはちゃんと私の話を聞いてるし、そしてクリちゃんも一つの独立した存在なんだなと感じた。

 

だから石はただの鉱物ではなく意識そのものだし、石に限らず、風も水も木も何もかも、全ては意識そのもの。