kiseki

Love is the only majic in the world

潜在しなくなる潜在意識

 

今までの(ほとんどの)私たちは潜在意識95%で、顕在意識が5%ほどと言われてきました。

 

ただ自分がテレパシーを意図的に使う日常と使っている人たちと触れ合う中で思ったのは、潜在意識を少しでも認識しているとテレパシーが使えるということ。

 

テレパシーというのは日常会話のように話したい時に話し、話したくない時は別に声に出さなくてもいいもの。それとプラスで、もっと目に見えないものに敏感になると(または変性意識状態などの目に見えないものに敏感になっている間は)自分のイメージや感覚も相手に伝えることができる。

 

それでこの“目に見えないもの”を脳で説明すると“潜在意識”になるんだけど、私たちは起きる直前までは顕在意識が少なくとも脳の50%ぐらいにはなってると思っています。

 

だから起きる直前までの自分を覚えている人は経験したことあると思うんですが、起きる直前に自分が誰かと喋ってたり(実際に会ったことがない人でも)、「前にもこんなこと言った・した」って自分では当たり前に思っていたのに(覚えていたのに)、完全に起きると「あれ?そういえば、前にあんなこと言った・やった覚えないのに、なんでした記憶(感覚)があるんだろう?」って思う時がある。

 

それは何故起きるのかというと、

顕在意識の活動と潜在意識の活動

というのがあるんですね。

 

私たちのほとんどは顕在意識の活動は認識できるけど、潜在意識の活動は認識できていないんです。

でも波動が軽くなると目に見えないものに敏感になる→潜在意識を認識できるようになります。

 

ちなみに顕在意識の活動と潜在意識の活動は別々ではなく常に影響しあっています。

 

テレパシーができるようになると、意図的にテレパシー会話(顕在意識でのテレパシー)をするのと、気づくと勝手に自分が誰かと会話してるのが分かります(潜在意識でのテレパシー)。

 

テレパシーができていない人というのは、顕在意識でのテレパシーをしていないだけで潜在意識でのテレパシーは常にしています

 

だからテレパシーの最初の段階は自分の声を聞く。

自分の潜在意識の声でもエゴの声でもなんでもいいんですが、俯瞰して見る(聞く)と、何かしらの声が聞こえるんですよ。

 

そうしてると顕在意識と潜在意識の堺が曖昧になってくるので潜在意識まで認識できるようになり、潜在意識経由の顕在意識テレパシー?(笑)というのができるようになります。

 

潜在意識でのテレパシー(自分が無意識に誰かとしてる会話や自分の心の声)を聞けていない間は、顕在意識にまでその会話は登ってこない(結果的にテレパシーができない)ということになる。

 

ちょっとややこしい文章になってしまいましたが、周りの人たちも含めて多くの人とテレパシー会話をすることが多くなってきたので書いてみました。


f:id:myan51:20170804140908j:image