kiseki

Love is the only majic in the world

男は女から始まって女は男から始まる

 

前回の記事からのつづき。

 

女性の性器に精子が入って頭のてっぺんまで流れていくビジョンを見てるときに、「この精子はどこからやって来て、どこへ行くの?」って思ったんです。

 

地からやって来て天に昇る、っていう解釈でも良かったんですがなんか腑に落ちなくて。

 

それに答えるように男女の身体のシルエットがお互いを向き合う形で現れました。


f:id:myan51:20170808234304j:image

男の始まりは女

真実のパートナーに出会うまで男性は闇なんだそう。

この真実のパートナーとは自分のことなので、外側の真実のパートナーでもあるし内側の異性のことでもあります。

 

それでその闇を浄化して本来の自分に還るためには自分の真実のパートナーが必要。

 

スタートは下の黒い精子


f:id:myan51:20170808234607j:image

それが女性の身体の第1チャクラから順々に各チャクラを回って、そして男性の第7チャクラ(クラウンチャクラ)から入ってくる。

目に見える物質界的に見ると、それは天からのインスピレーションとか導きとかサポートとかとして現れる。

 

ただこの循環は一回で終わるものじゃなくて、真実の自分(パートナー)に出会うとぐるぐる2人の間で循環していくもので、循環する度に黒い精子は浄化されて、浄化されたその精子が男性を精神的にも物質的にも豊かにする。

男性の精子が女性の身体を通る度に女性のエネルギーが統合され、これまた女性を精神的にも物質的にも豊かにする。

 

そしてこの循環を私たちはこの数年間行ってきたと彼女は言う。(教えてる側のわたし。前回の記事を参照)

 

女性の始まりは、男

女性が本当の意味で女になるのは、これまた同じく真実の自分(パートナー)。

相手の闇精子に身体を貫いてもらい統合されることで戦う女、もしくはか弱い女から、男性性と女性性が統合された“可憐で優雅な芯の強い女”になる。

 

男と女のエネルギーの違い

特に真実のパートナーに出会ってる人たちに強く現れることだけど、男性は自分が放ったエネルギー(行動・思考・意志など)が相手の女性の身体を通してダイレクトで自分に還ってくる。

自分の放つものによって(天から)受け取るものが決まる。

 

女性は受け皿なので男性のエネルギー次第だけど、実は男性のエネルギーを安定させてるのって絵の通り女性の器なんだよね。

だから女性は男性次第のように見えて、実はこれまた男性と違う表現だけど、同じ自分次第

自分の器次第で相手の男性が受け取る天からのサポートは決まるし、そしてそれは自分の地からのサポート(物質界で起こる現象)にも影響する。

 

言いたいこと言えたかな(T_T)

まぁ、いいや。

 

どうぞ感覚でお受け取り下さいませ。

 

おやすみなさい!


f:id:myan51:20170809000759j:image