kiseki

Love is the only majic in the world

浮遊霊たちの大名行列

 

前回お話した、瞑想をしたら自分に大量の霊が並んでいた!というお話です。

 

瞑想というより、疲れていたしアストラル界が荒れていたのでとても久しぶりに自分をヒーリングしてみたんです。

そうしたら!綺麗に一列に並んでいる大量の霊が視えたのですが、私が自分をヒーリングしていたので、それによって自分に並んでいたその霊たちが自動的に浄霊される形になりました。

浄霊を正確に言うと、魂としての私たちが生まれ還る場所に還っていきました。

だから自分の内側にぎゅっと集まって昇華される感覚が確かにありました。

 

例えばタワシを触ったらチクチクするし柔らかいものを触ったらフワッとするのと同じように、触れられないはずの自分の内側で感覚がありました。

 

そしてその霊たちの会話が面白くて(笑)

「あーやっぱりダメですって」

「そうかやっぱりダメか」

みたいなこと皆で言い合いながら素直に歩き初めて私という場所から動き始めた。

 

いやいや、

できれば居座るつもりでいたんかーい(・∀・)!

 

しかもその列にはお坊さんもいてね、

あなたは案内する方ちゃうんかーい(・∀・)!

 

と思わず、無でいたのにつっこまずにはいられなかったですね。

 

しかも「やっぱりダメか」って最初に言ったのそのお坊さんですからね。

なんだか笑ってしまいました。

 

8月はそういう月だったのか分かりませんが、この8月はアストラル界・物質界共に荒れていたように感じますね。

 

でも!自分をヒーリングしたおかげなのか、自分の体験するアストラル界がワクワクした楽しいものに変わったのでやって良かったなと思いました。

 

また、悪さをしようと思って憑く霊もいるんだろうけど、こんなふうに何の悪気もなくなんとなく居座る霊もいるんだなってまた面白い体験をしました。


f:id:myan51:20170825140212j:image