kiseki

Love is the only majic in the world

ツインに出会った2人の男性の話

 

今回は明晰夢で、ある男性2人の話しを聞いたのですが、その話とアプローチの仕方が面白かったのでシェアしようと思います。

 

結果から言うと

一人は、現実(目に見える世界)を見ながらツインレイ女性との距離や自分の位置を把握している

もう一人は、エネルギーワーク(目に見えない世界)に働きかけて現実を動かす

2人の男性です。

 

現実を見て内側を読む

一人目は、目に見える現象を見て、ツインレイとの距離や自分の立ち位置を把握している男性。

ちなみに彼はツイン女性と出会っているし付き合っているんですよ

とは言っても、彼は起きてからはこの話を覚えていないし、自分が付き合っている女性がツインであることも知らないし、現実を見ながら彼女との距離(自分との距離)を確認していることも知りません。

「付き合ってるのに、彼女との距離?」

と思うのかもしれませんが、物質距離=心の距離(自分との距離)ではないらしいのです。

だから出会ったり付き合ったとしても、相手と離れてしまったり関係が上手くいかないことが多いのかな?と思います。

 

そんな彼が私に語ってきたことは、ツインである彼女は日記をつけているんですって。

その日記を彼は自由に見てもいいってことになっているので、普通に普段から見てるらしい。

起きてる時の彼は単に「興味があるから」と思って見ているのだけど、潜在意識(魂)としての彼はその日記を見て2人の距離を見ていると伝えてきました。

 

どんなふうに内側の計画が具現化されていってるのか

そしてどんなふうに“進化”していってるのか

を確認してるらしい。

 

例えば彼女が、「悲しかった、泣いた」と書けば、男性性の何が女性性の力を弱くさせたのかとか。

「嬉しかった、○○君が○○してくれた」と書けば、男性性の何が女性性を喜ばせたのかとかを見てるらしく、女性性が喜んでいる状態は正解だから、彼女の様子や日記を見て内側の自分(2人)の状態を確認しているらしい。

また感情だけじゃなく、“現象”も見てる。

現象も内側の様子を投影したものなのでね。

あと印象的だったのが、「日記の1日目から効果があった!」みたいなことを言ってたこと。

最初の日記の1日目からでも、十分に自分(2人)の内側の状態が確認できた!みたいなことを言ってて、オススメ!とも言ってた。

 

ツイン君もやたらめったら話してって言われるんですよ。

予定とかだけじゃなく、感情の方も。

何がモヤモヤしてるのか嫌なのか悲しいのか、嬉しかったのか喜んでるのか、何が起こったのか何でも良いから何か思ったり感じていればぜひ話して欲しい!っていう感じの。

「えー、こんなどうでもいい事なのに?!」

というものも全部、彼は聞きたいらしい。

 

無意識に男性は女性の様子で目に見える現象で、自分(2人)の内側を確認してるのかもしれない。
f:id:myan51:20170917143122j:image

 

長くなったので、2人目の話はまた次回で♪