kiseki

Love is the only majic in the world

忙しい時は、睡眠の質を上げる

私は今、たくさんの楽しいことをしています。

…ええ。言い換えると「忙しい」のです\(^o^)/

 

忙しいにも関わらず、私はカフェでまったりする時間も絶対に欲しいし睡眠時間も長いです。

特に睡眠はお休みの日だとお昼くらいまで寝てるし、仕事のある日も中抜け休憩のお昼にもお昼寝をします。

 

でもね、やりたいことが多すぎて「寝る時間を減らしたい!!!」と思った私は、ここずっと続けていることがあります。

 

それは、

睡眠時間を減らす・習慣化する・質を上げること。
f:id:myan51:20170922140453j:image

まず私は寝ている時間の何時間分かをやりたいことに使いたい!と思ったので、まず減らそう!と思いました。

でもただ単に減らしたら眠くて辛くなりますよね?

そこで、睡眠時間の習慣化と質を上げることを大事にしました。

 

睡眠時間の習慣化とはどういうことかというと、持論にはなりますが(笑)眠くなる理由の一つとして毎日バラバラの時間に寝てバラバラの時間に起きるからではないか?と考えたんです。

仕事のある時は同じ時間には寝て起きても、休みの日くらいはいっぱい寝たい!と、仕事の日・お休みの日関係なく同じ時間に寝て起きている人はそんなに多くないと思います。

でも仕事の日とお休み日、ずっと毎日同じ時間にすれば身体はそれに慣れるから、睡眠時間を多く取ったりお昼寝とかしなくても、毎日連勤したって身体は元気なんじゃないか?と考えたんです。

(逆にお休みの日にいっぱい寝るから、いっぱい寝れない仕事の日は眠くなりやすいと考えた)

ということで、同じ時間に寝て起きる習慣をつけました。仕事の日はもちろん、お休みでもちゃんと太陽と共に起きることにしました。

そしてお昼寝の時間ももったいないので、今では無しにしています。

ちなみに!お昼寝をいっぱいしていた時より、お昼寝を辞めた今の方が身体がダルくなくて、午後からの仕事のスピードが前より速くなった。
f:id:myan51:20170922141350j:image

正直お休みの日までアラームで起こされるのは嫌なのですが、毎日の起きる時間が身体に根付くまでお休みでも同じ時間にアラームをかけようと思います。

 

そして次は、睡眠の質を上げること。

睡眠時間を減らしただけじゃ絶対に眠くなります。

同じ時間に寝て起きる習慣をつけても、眠かったら結局2度寝3度寝…何度寝でもできます!

 

だから一番大切なのは、短く濃い睡眠!

すると私の理想とする、眠くない元気な状態で、今までより多くやりたいことに時間を使うことができます。

 

そこで気をつけたのは、最近多かった朝風呂をやめ、しっかり夜に入って身体がリラックスした状態で寝ること。

またアロマをティッシュに少しつけて枕元に置いておくと、これまた良い香りで安心できて精神的にリラックスした状態で寝ることができる。

寝る少し前くらいから携帯はイジらないし、着信音も消しておく。

これらのおかげもあって、毎日とってもいい気分で寝ることができます。

またお昼寝を辞めたことで夜寝付けないことがなくなって、疲れてグッタリしてるのですぐ寝れます。

 

そして朝目覚めたら、何より最初に窓から顔を出して精神的に太陽に起こしてもらいます。

太陽の眩しさを浴びたら嫌でも目が冷めます(笑)

 

なので同じように忙しいけど、寝たい!という方はぜひ睡眠習慣を見直してみてください。

 

ちなみに私は自分にとっても甘いので、お休みの日の2度寝は許していますよ(笑)

でも睡眠時間が習慣化されると、不思議と2度寝しても短時間で自然と起きられます(アラーム無しで)。


f:id:myan51:20170922142529j:image