kiseki

Love is the only majic in the world

願いは全てに影響を与える

結果から言うと、

「森の全体の何%を人の生活に使って(伐採の許可)、

あとは自然のまま触らないって決めればいいじゃん!

って思いついたら

「人の全体の何%は減らすことにしよう(殺そう)」

って誰かが考え出したらしいので考えを訂正した話。

 

(↑なんか分かりにくくてすみません_(_^_)_

でも上手く説明もできません(笑))

 

ー✽ー✽ー✽ー✽ー✽ー✽ー✽ー✽ー✽ー✽ー✽ー

 

2日くらい前のことなんですが、起きてはいないけど、夢の中にも他の次元にもいない状態のときがあったんです。

身体に霊体としての自分がただ重なってるだけみたいな。

でも意識は完全に起きていてウトウトしているわけでもありませんでした。

 

それでその時に色々と考え事をしていたんです。

 

木で作られた物の美しさと伐採

ふと「木の家具とかものって美しいよなー」って思ったら、目の前にぶわーっと漆でテカテカに光る木のテーブルが出てきました(映像・ビジョン)。
f:id:myan51:20171013123829j:image

【栴檀 一枚板 240cm】【国産・日本製】【展示品】【送料無料】一枚板 せんだん 栴檀 センダン 天然木 テーブル 食卓 無垢 無垢材栴檀(せんだん) 240cm幅 一枚板(脚付き) 家具208(KAGU208)商品一覧 KAGU208 (カグ208)

美しいなー綺麗だなーと思いながらも、「でもこの美しい木の物を作るためにはまず木を伐採しなきゃダメなんだよね」と森の伐採に対して懸念しました。

 

すると森にフォーカスした地球の映像が出てきたのですが、私はそこで「いい考え!」と思いついたのが、地球全体の木の何%を人の生活に使うと決めて、あとの全ては自然のまま触らないってすれば、森を守りつつ木で作られた美しいものを人が楽しめるじゃん!って思ったんです。

 

全てに反映する宇宙へのオーダー

 

ただこの後、宇宙って個を区別できないんだなって改めて感じさせられることになります。

 

【※ここから少し怖い話になります】

 

私がこう思いつくと映像がバッと変わって、何人かの男性が話し合う映像が出てきました。

そのうちの一人が、

「地球人口全体の何%は殺そう。

(そうすることで人口のバランスを保とう)」

と言い出したのです。

 

その殺し方は単なる殺人とかそういうのではなく、人工地震を起こしたり天気を操作して被害を起こすなど、見た目が“自然”なものだった。

決めた何%を各地域や国の人口と見比べて、この場所でこの災害を起こせば、だいたいこれくらいの人は亡くなるだろうという試算で起こすらしい。

 

男性たちが会議しているこの映像を見て、これが本当にどこかで実際に起こっている現実のように感じました。

 

そして男性たちがこんなことを言い出しのは、表向きは地球人口のバランスのため。

だけどエネルギー的に見れば地球全体の森の何%は伐採することを許可しようと自分が願ったことが、全体に及んだのではないかと思ったんです。

 

ただでさえ肉体にいても宇宙へのオーダーはできるのに、エネルギーの状態で願ったためにダイレクトにすぐに“叶った”のではないかと思いました。

 

宇宙は個を認識できません。

私は「木」と決めたとしても、宇宙は木と動物と人を区別できない。

みんな同じエネルギー(存在)だから。

だから「何%と決めて減らす」というオーダー(正確にはオーダーとして願ったわけではなく思考しただけだが、宇宙的にはそれをオーダーと捉えた?)が、木の伐採だけでなく、「何かを減らそう」と考えている人の思考にも影響を与えたように思いました。

 

この映像にビビった私は、すぐに

「やっぱり何も触らず何も決めないことにします

(伐採される森はそれはそれで良い

自然のまま残される森はそれはそれで良い

何が起こっても別に良いというスタンス)」

 

これは願うこと(計画したり、思考であっても何かに対して干渉しない)自体をやめたということでもあります。

 

その後どんなふうに変わったのかは分かりませんが、改めて宇宙は個を認識しないことと、木も動物も人も元は同じ存在なのだから、私たちが願ったことは同じ自分である“全て”にも影響を与えるんだなと思いました。

 

そして当たり前かもしれませんが、人の考える善悪はやはり宇宙にはないなと思いました。

(願ったことをそのまま反映する)

 

だから最終的にした、

起こること全てが最善であると受け止め、何も干渉しない、願い事さえ作らないことが1番良いのではないかと思いました。

 

 
f:id:myan51:20171013130952j:image