kiseki

Love is the only majic in the world

Grand Planet & Mother Planet

いっこ前の記事に、ツインレイにとってお互いが目に見える神様であると書きましたが、ちょうどそれとシンクロする明晰夢を昨晩体験してきたのでシェアします。
f:id:myan51:20171020151628j:image

明晰夢の中で、交互にある文章を見せられましたがもう一つは忘れてしまいました。…し、「これは別に忘れてもいいや!」と思っていたました。笑

(何故かこう思っていたのは覚えている)

 

そして覚えているもう一つの文章が、

主導は主人に任せればいいのよ♪みたいな文章。

“任せる”っていう言葉かは不確かですが、とにかく委ねる・任せるというようなことを表す言葉でした

ちなみにこの“主人”はツイン君のことを指しています。

じゃツインレイは誰でも男性主導でいいの?

と言われるとそうでない場合もあるようです。

 

Grand Planet & Mother Planet 

その後にビジョンでこんなのが映りました。
f:id:myan51:20171020152226j:image

反時計周りの軌道に乗って動く、2つのくっついた惑星があった。

後ろの惑星からは私もよく知る波動・エネルギーで、その感覚を言葉にしようと考えたとき母星”という言葉が浮かびました。

言葉はなんでも良くて、聖母マリアのような・母なる地球のようそんな感じ。

キャピキャピな女の子ではなく、懐が大きい海や空のように広く優しいイメージ。

 

そしてその前にあった惑星は、迷いもなくパッ!と「グランド」と呼びました。
f:id:myan51:20171020153757j:image

こうして記事にしたりして言葉を使うときは、自分の感覚と同じような空気を出す言葉を選ぶようにしています。

母星の言い方はなんでもいいけど、「グランド」は「グランド」じゃないといけなかったのでそれに合わせて英語にしました。

最初「マザースター」「グランドスター」と、そのまま「星」を訳しましたが、「スター」の空気と私の感じとったものが程遠かったのです。

 

そして見つけた納得いく言葉が「プラネット」

なのでグランドプラネット・マザープラネットと呼ぶことにしました。
f:id:myan51:20171020154015j:image

私たちの場合、グランドプラネットとマザープラネットがこんな形で動いているのだそうです。
f:id:myan51:20171020153156j:image

向かう方向は未来で、軌道はくるくると回転し続けながら体験する一連のストーリー。

私たちの場合は私が彼についていく形で共に歩むPlanet(運星)。

 

でも他の形も色々とあるんだよ!

と言わんばかりに続けて2種類の形が出てきました。

まずはこれ。
f:id:myan51:20171020154319j:image

回転の先頭がグランドプラネットではなくマザープラネット。

これは女性、もしくは女性性の体現が大きい方が引っ張る関係のPlanet(運星)。

なので女性が主導の場合もありますね。

さらにこれは惑星同士が離れているので、例えば同じ次元とか同じ時代にはいるけど(同軌道)身体は離れたまま共に歩む場合でもあります。

お互いの家庭を大切にしたまま、心では繋がって生活する既婚ツインレイのPlanet(運星)。

 

そして最後に現れたのがこれ。
f:id:myan51:20171020154756j:image

別軌道のグランドプラネットとマザープラネット。

別の惑星・別の時代、もしくは天界と人間とか、別次元で生きたまま共に歩むツインレイのPlanet(惑星)。

ただ同じ位置にはあったので、別次元であってもそれぞれの体験はシンクロしているのだと思います。

 

ということでまとめると、

〈共に歩む関係の運星〉
f:id:myan51:20171020155414j:image

〈同次元でも離れたまま歩む運星

もしくは女性・女性性の大きい方が主導の運星〉
f:id:myan51:20171020155516j:image

〈別次元でも同じように生きる運星〉
f:id:myan51:20171020155703j:image

など、ツインレイには様々なパターンの運星があるよ!とのことでした。

 

だから私はよく「彼と宇宙に任せればいい!あなたは好きなことだけしてて!」と言われるのはその方が上手くいくから(自然な流れ・そういう運星だから)。

 

でもそれぞれのペアの運星は違うからみんなもそうした方がいいわけではない。

それぞれのペアに合った人生の送り方・生活の仕方があるよ!ということでした。


f:id:myan51:20171020160007j:image