kiseki

Love is the only majic in the world

自分自身が1番の男への捧げもの

私は高校のときから、

「自分自身が1番の男への捧げもの」

と無意識に思っていました。

 

プレゼントや料理、身の回りのことをして喜ばせたり尽くしたりするのもとても素敵だと思います。

でも私はそういうのが苦手でした。

空気は吸っても読めなかったので気遣いはできないし料理もできないし、誕生日などにはサプライズして喜ばせよう!という考えが頭をよぎりません。

 

でも無意識にずっと大切にしていたのは、

女としての自分の身体。

 

高校に入って、女子力というものを意識し出し彼氏もできると、身体のいろいろな部分のケアをするようになりました。

 

例えばヒップアップ。

高校生なのでもちろん垂れてはいませんでしたが、この先も垂れない上向きの形をキープできるように雑誌などで知った方法を続けていました。

今でもお尻が少し下がったかな?と気になるときはこの方法をやったり、暫く毎日スクワットをします。

スクワットは太ももも引き締まります。

 

胸はそんなに大きくはありませんが、服を着たときの胸の曲線や、ブラを外しても綺麗な形を保てるようリンパ流しは今も定期的にしています。

リンパ流しは首コリも和らげてくれるし、顔のむくみも取れます。

 

そして高校生ながら1番ませていたなーと思うのは、次の日がデートでエッチする可能性のあるときは身体の内側を良い香りにしておくこともしていました。

なんか調べたら、そういうサプリメントを飲んでバラの香りになるものもあるみたいですね。

でも昔から自然派なので、私がやっていたのはフルーツを多く取ること。

高校生のときは毎日私のお昼ごはんのお供はパインの100%フルーツジュースでした。

理由は、パインジュースを飲んでいると身体の内側から良い香りがするから。

これはどこかのきっと根拠のない「パインジュースは身体の内側を良い香りにする」文書を見て始めたんです。

でも当時の彼氏でその効果は立証されていたし、今までの彼氏はみんな「普通は匂うのに全然その匂いがない」とよく言われました。

それが苦手で一度もクンニをしたことがない人でも私で初めてした人も何人かいました。

 

肌が荒れているときは豆乳はよく飲むし、今やコーヒーが大好きなんですが、豆乳やコーヒーって匂うんですよね。

(コーヒー豆にもよるかもしれないけど)

なのでそれだけの為に豆乳やコーヒーを控えることもあります。

 

個人的な意見ですが、プレゼントやサプライズなどは男性の方が得意だと思うんです。

空間認識力や色や物などを分ける力などなど、やはり女性と子供の環境を整えるための力はとても高いと思うんです。

なので女性はそれと張り合うことなく気ままに仕事をしつつも、男性にはない柔らかく魅力的な肌や身体の曲線を大切にすると良いのかなと思います。

特にパートナーがいる人は、その身体一つでパートナーのやる気や収入だって変わると本気で思ってます。

 

この世界がいい女だらけになれば、いい男しか存在しなくなるよ、たぶん。笑


f:id:myan51:20171128094707j:image