kiseki(旧ブログ)

Love is the only majic in the world

愛した女に能力を与える宇宙人

明けましておめでとうございます!

先月は友達と忘年会をやり久しぶりにお酒も飲めて楽しい月でした♪

しっかり久しぶりに病気にもかかり、2018年に向けて予めデトックスもしておきました。

今月の新年会も楽しみ(^_-)-☆

そして今年も、自分を含めた全ての人の幸せを願います!

一緒に楽しみましょう♪

 

f:id:myan51:20180101131514j:plain

f:id:myan51:20180101131539j:plain

そして!さっそく新年そうそうネタになるような夢ばかりを見たので(笑)シェアしたいとおもいます(^_-)-☆

 概要

  • 宇宙人と思われる存在が人間を愛した
  • 彼女を心配した彼は自分の能力を与えようとした
  • そのやり方は「セックス」で、特に第一チャクラが関係している

 

人間の女を愛した宇宙人

分かりやすく言うと明晰夢

でも感覚的にはもっとリアルなもので、どちらかと言えば多次元の自分(パラレルワールド)をこっちの自分が体験してきた

 

気づくと私は、“白く大きな鳥のような存在”に抱きかかえながら飛んでいた。

姿はこんな感じで、もっともっと大きく真っ白だった▼

f:id:myan51:20180101132512j:plain

http://xn--u9j5h1btf1ey78qpmarl647o.jp/185.html

空は輝く雲がいくつもある晴天で、すぐ下には小さな山などの緑が広がっていた。

その田園風景をその時の私はよく知っていて、実際に暮らしている所のようだった。

私は普通の女性で人間で、“彼”は今の私たちが呼ぶ神社とかの“神様”みたいな存在だと思った。

宇宙人っぽくもあり、でも“人間が進化すると(能力的に)こうなる”とも思っていた。

私は抱きかかえながらこんなことを思っていた

「人って本当は空も飛べるんだよね。

そしていつか私たちも(2018年の私たち)、その能力が目覚めれば普通に空も飛べるようになる。」

2018年の私が“その時代”の私と重なっているので、その時代の私の記憶と今の私の記憶の情報がランダムに入ってきました。

 

ただ私はそんなことを思いながら、再び人の本来の能力が目覚めることに少しの恐怖も感じていました。

何故なら、皆が一斉に目覚めるわけではないから。

その少数派に自分がいることを自覚し、本来の能力がこれからも順調に目覚めることの喜びよりも、どんな風に見られるのか?狙われないのか?の方が心配になりました。

というのは、大勢の人ができないことができると、危険な目に合うことの方が圧倒的に多いことを魂レベルから私は知っているからです。

 

彼に抱きかかえながらそんなことを思っていると、彼の思考がテレパシーとして入ってきました。

「これからこの世に不調和が起きる可能性が高い。

この子が心配だ。能力を与えよう。

彼からは私に対する深い愛情が感じられ、そして私を心配していた。

そこで彼は自分ができる能力を私にもできるようにしようとした。

 

性によって能力をコピーする

「心配だから、彼女にも自分と同じ能力を授けよう」

そう思った彼は私を地上に降ろすと、なんと!!!

半ば強引に大事なお股様を勢いよく舐め出したのです!!!

私は今の記憶もあるので、ツイン君ではないと思われる人にああいうことはしたくない。

なので嫌がって抵抗していたら目覚めました。

 

まとめ

普段人から感じる“欲望”はなく、本当に純粋な愛と私を心配する感情がありました。

だから私たちはセックスというとすぐ「エロい」または「子作り」とかに考えがいきますが、もっと他にも使えるツールなんだと改めて思います。

その2つの理由以外の目的でセックスを活用する存在や、時代もあったと思われます。

 

ちなみに今回体験したのはいつのどこか?と言われると、今の感覚では“アトランティス”が最も近いんではないのかなと思います。

 

あまり覚えていないけど、そんな風に私を愛して力になってくれようとした彼に感謝しているし、素直に嬉しかったです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kiseki.site

お問合せはホームページ、もしくはこちらから▼

Line)@kiseki_pm

mail)kiseki.pm@gmail.com